女性の転職事情を徹底解説

女性の転職

転職相談.jp

 >  >

第4回 転職したい女性必見!いまどき女性の転職事情

いまどき女性の転職事情

少しデータは古くなりますが、平成18年度版国民生活白書によると、1987年は20.3%だった女性の継続就業意識が2002年には29.5%まで上昇していることがわかります(*図1)。また、女性の転職率も、1990年は5.4%でしたが2005年には7.8%まで上昇しています(*図2)。一方で同じ会社に15年以上継続して勤務いる女性の割合は、1990年は26.2%ですが2004年は33.5%と大きく上昇しています(*図3)。 2016年現在、女性の社会進出がさらにすすんでいることを考えると、女性の継続就業意識及び女性の勤続年数はさらに上昇している可能性が高いでしょう。

これらの数値を分析すると、
「同じ会社で長く働きたい、でも会社選びには妥協したくない。転職は長く働ける会社を見つける手段」
という、いまどき女性の転職に対する考え方が浮かび上がります。

仕事を選択するということは、人生で最も長い時間を費やす可能性があることを決めるということですので、転職に対する考え方が上記のように変化してくることは当然です。

転職を検討している女性は、納得できる転職活動をして、長く働けて、自分が花開く仕事、職場を見つけましょう!そうすることが人生をエンジョイすることにも繋がっていきます。

女性の転職、要チェックポイントはココ!

以前と比較すると女性の社会進出は進んでおり、多くの女性が社会で活躍していますが、まだその数は充分ではありません。また、女性が働くということに対する偏見が少なからず残っていることも事実です。

実際の転職活動では、これらの偏見があることを認識し、その上でどう対処すべきかを考えて活動する必要があります。下記のポイントをしっかりと抑えておけば、転職の成功率も上昇するでしょう。

では、女性の転職活動で注意しておいたほうが良いポイントを、具体的に解説します。

1.結婚・出産に対する考え方

 回答のポイント

社会人として大きく成長しキャリアを蓄える時期である20代後半~30代前半は、女性の結婚適齢期でもあります。最近は結婚後も仕事を続けるキャリア志向の女性が増えていますが、結婚・出産後、男性の協力を得られないことから退職する女性が多いのも事実です。
会社は、お金と時間をかけて育てた女性社員が結婚・出産を機に退社してしまう可能性が高い場合、男性社員を優先して採用したい、育てたいと考えます。会社から仕事に対する姿勢を問われたら、結婚・出産しても仕事を続けたいという意思を伝えたほうが有利です

2.育児に対する考え方

 回答のポイント

育児が始まると子供の世話で早退や遅刻をしてしまうこともあります。本来、育児は夫婦が共同で行うものであり、女性特有の問題ではありません。しかし、現在のところ女性の負担の基に育児が成り立っているケースが殆どです。子供がいる場合、夫婦が協力して育児を行い、会社に極力迷惑をかけない旨を説明しましょう

3.自分のキャリアに対する考え方

 回答のポイント

女性は男性と比較し、自分のキャリアを過小評価している傾向があります。女性は男性にはない能力をたくさん持っています。例えば、気配りや思いやり・柔軟な発想、対応という点では男性をはるかに上回ります。「既存の仕事を工夫し、業務を効率化した」「プロジェクトを円滑に進めるためにメンバーへの気配りを怠らなかった」等、改善や気配りも業務上の大きな実績です。自分を過小評価せず、これまでの業務で培ったものは積極的にPRすることが大切です。

以前と比較すると、女性の結婚や出産・育児に対して理解ある企業は増加していますが、制度が整っているのはごく一部の企業です。上記のポイントは本来なら気にする必要がないことかもしれませんが、社会に偏見がある以上、その点を考慮に入れて転職活動を行うことが賢いやり方です。

もちろん「私は女性に対する偏見がなく、出産・育児に対するバックアップが整った会社を選ぶわ」という方もいらっしゃると思います。その場合も、志望理由が「出産・育児に対するバックアップがあるから」では、企業は採用してくれません。まずは、「その会社でやりたい仕事があること」を説明し、出産・育児に対するバックアップがあるということは付加的な要素として説明するようにしましょう。

女性の転職に強い人材紹介会社を活用する

それでは実際に女性が転職活動をする際、具体的にどのような方法が良いのでしょうか?
主な転職活動の方法としては、下記の方法があります。

[1]新聞や情報誌、企業のHP上の求人募集に直接応募
[2]転職サイトを利用した直接応募&スカウト
[3]人材紹介会社(転職エージェント)を活用した活動

この中で、現在主流になっている[2]と[3]の方法についてチェックしていきましょう。

転職サイトは、全ての活動を自分のペースで行いたいという人に向いています。企業への応募やスカウト条件の登録等、基本的に全ての作業を転職サイト上から行うことができます。
代表的な転職サイトはリクナビNEXTDODA(デューダ)@type等です。

もう一つの方法が人材紹介会社を活用した転職活動です。
人材紹介会社は転職エージェントと呼ばれ、プロのキャリアコンサルタント(キャリアアドバイザー)と面談し、自分のスキルや転職先企業に対する条件等を伝えるところから活動がスタートします。人材紹介会社のキャリアコンサルタントは、膨大な数の公開求人、非公開求人の中から希望に合った企業をピックアップしてくれるだけでなく、転職に関するあらゆる相談に乗ってくれます。初めて転職する場合や、キャリアプランをプロに相談して将来のキャリアプランを決めたい場合は人材紹介会社を活用すると良いでしょう

女性にお薦めなのは、どちらかと言えば後者の人材紹介会社を活用した転職活動です。理由は、人材紹介会社には企業から詳細な求人情報が寄せられているため、より適切な求人をピンポイントで紹介してもらうことができるからです。(※転職サイトの情報では、求人企業が男性を希望しているのか女性を希望しているのかまではわかりません。)
また、女性は自分のキャリアの洗い出しやPRが弱い傾向があるので、プロのキャリアコンサルタントに履歴書や職務経歴書をブラッシュアップしてもらえることも大きなメリットと言えるでしょう。

人材紹介会社の中で、特に女性の転職に強いと言われている会社は下記の3社です。転職を真剣に考えている方は、一度相談してみると良いでしょう。

女性の転職におすすめの人材紹介会社

女性の転職・求人情報 Woman Career画像

女性の転職・求人情報 Woman Career

転職支援サービス大手「パーソルキャリア」が運営するDODAによる女性の転職・求人情報に特化した転職サイト。女性が活躍する求人やワークライフバランスを重視した求人等を厳選して紹介。女性の転職支援を担当するキャリアアドバイザーも全て助詞。また女性の転職に役立つコンテンツも充実しており、転職に関する様々な悩みに回答する相談室や、社会で活躍するキーマンが28歳のとき、どのような決断をしたのかをインタビューするage28は、転職を検討している女性であれば必見。

求人数:2,000件以上※女性を積極採用する求人のみ
拠点数:東京(丸の内)本社、北海道支社、東北支社、横浜オフィス、中部支社、関西支社、京都三哲オフィス、神戸オフィス、広島オフィス、九州支社

このサイトへ行く

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

リクルートグループの人材紹介会社。幅広いネットワークと実績を持ち、それぞれの業種に精通したキャリアアドバイザーが質の高いコンサルティングを提供。女性のアドバイザーも多い。個々人のケースや希望に合わせしっかりサポートが受けられる。

求人数:約14,000社 130,000件以上
拠点数:東京本社、北海道支社、東北支社、宇都宮支社、千葉支社、静岡支社他 他21拠点

このサイトへ行く

パソナキャリア画像

パソナキャリア

派遣大手パソナグループの人材紹介会社。派遣で培った豊富なコネクションを基に12,000社18,000件以上の求人情報を有している。女性の正社員転職に強いところが最大の特徴。女性からの相談が多いため、女性の視点に立った支援を期待できる。

求人数:16,000社 32,000件以上
拠点数:東京本社、新宿支店、大阪支社、名古屋支社、札幌支店、仙台支店他 全国100拠点以上

このサイトへ行く

これからは女性の時代!自分のキャリアは自分で築く

女性は男性と比べると体力面では確かに劣ります。しかし女性は男性にない感性を持っています。
体力面を除き、男性にできて、女性にできないことは基本的にはありません。これから先、日本はもちろん、世界中で女性がもっと活躍する時代がやってきます。

その時に備えて自分のキャリアは自分の手でしっかり磨き、築き上げていきましょう。