転職のモチベーションを維持する方法は? -モチベーションが上がらないときに試したい転職活動ノウハウを公開!-

転職のモチベーションを維持する方法は?・メインイメージ

転職にはモチベーションの維持が不可欠 転職のモチベーションを維持する方法は?

転職活動においてモチベーションを維持することは、転職の成功を左右する重要な要素です。
「転職はしたいけど、仕事が忙しくて転職活動が始められない」「実際に転職活動を始めたものの思い通りいかない」など、転職に関する悩みは尽きません。それらの原因から転職活動のモチベーションが下がってしまうこともあるでしょう。

転職活動でモチベーションを維持することは、難しい課題の1つでもあります。そこで本特集では、転職のモチベーションを維持する方法を紹介します。

モチベーションが上がらない!転職に一歩踏み出すためのモチベーションアップ方法 転職のモチベーションを維持する方法は?

「転職活動をする時間がない」「何から始めたらいいかわからない」という理由から、転職への第一歩が踏み出せない方は少なくありません。
求人情報を見たり、履歴書を書き始めることが、なんとなくおっくう…という場合は、自分自身の経歴を整理するところから始めてみてはいかがでしょうか。今までの仕事を思い出し、自分にどのようなスキルがあるか、仕事を通じてどのようなことを学んだかを書き出してみましょう。そして、なぜ転職をしたいのか、どのような働き方をしたいのか、理想の転職をイメージします

このような作業をするうえで役に立つのが、転職エージェントの存在です
転職エージェントでは、一人ひとりに担当のキャリアアドバイザーが付き、転職サポートを提供します。具体的な求人の紹介はもちろん、転職したい理由を伝えて、今後のキャリアプランについての相談をすることも可能。今までのキャリアを第三者の視点を交えて整理することで、自身の強み・市場価値についても気づきがあるでしょう
キャリアアドバイザーは、パートナーとして転職成功までの道のりをともに歩んでくれます。周囲に転職の相談をできる存在がいることは、モチベーションを上げるためには大変有効です。

キャリアアドバイザーの対応に定評があるおすすめの転職エージェント

総合人材サービス企業パソナが運営する大手転職エージェント。派遣ビジネスで培った企業とのコネクションを活かし、30,000件以上の豊富な求人数を誇る。求人の紹介に加え、転職者のキャリア相談、スキル・経験の整理、模擬面接など、転職にまつわる様々なサポートを提供。キャリアアドバイザーのサポート力の高さにも定評がある。

リクルートが運営する転職成功実績No.1の転職エージェント。圧倒的な求人数と、幅広い業界へのコネクションを誇る。キャリアアドバイザーによる求人紹介のほか、業界別の転職動向や応募企業の社風などを網羅したエージェントレポートを無償で提供。応募書類作成アドバイスや、面接日程の調整、面接力向上セミナー等のサービスも提供している。

加えて、転職に役立つ知識を学び、深めることも、モチベーションアップに有効です。
転職したい業界・企業が決まっている場合には、業界研究・企業研究などで情報を集め、転職後の就業イメージを高めてみましょう。
また、転職後に活かせる資格試験などの勉強もおすすめです。知識がつくことで自信にも繋がり、モチベーションも保ちやすくなります。

転職がうまくいかないときのためのモチベーションアップ方法 転職のモチベーションを維持する方法は?

転職のモチベーションを維持する方法は?・イメージ

転職活動を始めたものの、なかなか思い通りにいかずモチベーションが下がってしまうことがあります。そのような場合にはまず、「なぜ上手くいかないのか」と原因を分析することから始めましょう。

① なんとなく転職活動をしていないか

転職活動でもっとも重要なのは、転職理由と志望動機です。なぜ転職をするのか、なぜその業界・企業に転職したいのか、転職後にどのような仕事をしたいのか、人に説明できるくらい明確になっているでしょうか。転職したい理由を深掘りせず、なんとなくで転職活動をしていると、採用側の企業にもそうした気持ちが伝わってしまうものです。
転職を考えた理由や、転職先で実現したいことを、採用側の企業に説得力を持って語れるように、具体的に書き出し準備をしましょう

② 選考の対策は十分にしているか

応募書類・面接などの選考対策について、今一度見直してみることも必要です。たとえば応募書類。履歴書や職務経歴書を使いまわしていると、採用側からはすぐにわかってしまいます。きちんと企業ごとに志望動機やアピールする職務経験などを洗い出し、書類を作成しましょう。
また、「面接はなんとかなる」と思わずに、丁寧に準備をすることが大切です。面接時のマナーや身だしなみなどの基本的な部分に加え、想定される質問と回答をあらかじめ準備しておく必要があります。

転職エージェントでは、応募書類の作成・添削などのサポートに加え、模擬面接も行っています。上手に活用しながら、選考の準備を整えておきましょう。

③ 自分の市場価値を理解しているか

自分にどのような強み・弱みがあるかをきちんと分析し、自身の市場価値を知ることも大切です。自己分析をしっかりと行えば、希望する働き方や向いている仕事などが明確になるだけでなく、選考時にアピールすべき点なども明らかになります
たとえば、第二新卒で社会人としてのキャリアはほぼないが、留学や海外ボランティアの経験があり、語学や外国人との交渉事には自信がある、という場合なら、海外展開を目指している企業、中でもチャレンジングな若い人材を求める企業に応募することで、転職成功率を高められるでしょう。
また、希望年収が適正年収を大幅に上回っていたり、条件面で理想を抱きすぎていても転職成功率は下がります。自分の年齢・キャリア・スキルなどから、おおよその適正年収を把握しておくことも大切です。

適正年収のチェックにおすすめの転職サービス

パーソルキャリアが運営する転職サイト。200万人以上の年収データと7万人以上の転職実績データをもとに、職業別・年齢別・学歴別の適正年収を調べることができる。サイトの案内に沿って、年齢・性別・学歴・業種・職種等を回答していくと、自分と似たキャリアを持つビジネスパーソンがどの程度の年収で転職しているか、志望する業界にどのような人材が受け入れられているかをチェック可能。また、企業側の募集条件とマッチングさせることで、自分の経歴に興味を持っている企業がわかるうえ、現在のスキルやキャリアによっては、書類選考不要の「面接確約」オファーも受けることができる

モチベーション維持には気分転換も大切 転職のモチベーションを維持する方法は?

仕事をしながら転職活動を進めるのは、簡単なことではありません。誰しもモチベーションが低下してしまうことがあります。そのような時は、本特集で紹介したポイントを振り返りながら、少し休息をすることも大切です。

たとえば、志望している業界・業種をテーマにした映画やドラマを観れば、具体的なイメージも湧き、やる気アップに繋がります。
それ以外にもスポーツや読書など、転職とは関係のない気晴らしをしてみることも時には必要です。
気分転換することで、また新たな気持ちで転職活動を進めることができるようになります。オンとオフを切り替えながら、モチベーションのアップダウンに左右されることなく転職活動と向き合っていきましょう