人生の選択、40代の転職

40代,中高年の転職を成功させるポイント

転職相談.jp

 >  >

第5回 残り20年を選択する!40代の転職

40代(中高年)の転職事情

リーマンブラザーズの倒産、東日本大震災を経て、日本は長い不況モードに突入、転職市場も大きく冷え込みました。特に30代後半から40代の求人は大きな打撃を受けましたが、2012年後半から景気に底打ち感が出てきたため、求人にも回復の兆しがでてきています。また、30代、40代のハイキャリア人材は即戦力を求める企業にとって、大きな魅力を秘めており、積極的な採用を行うところも少なくありません。

昨今の人材紹介会社の求人状況を見ても、30代、40代の求人は確実に増えており、転職相談.jpが人材紹介会社の最大手「リクルートエージェント」と業界トップクラスの求人数を誇る「パソナキャリア」にヒアリングを行ったところ、両社共に30代、40代のハイキャリア人材に対し、企業からの求人の引き合いは多く、積極的にサポートしていく方針とのこと。
ただし、ポテンシャル採用が期待できる20代とは異なり、30代、40代は企業側の要望も高く、好条件で転職するためには、他の転職者に勝る何かを示す必要があります。つまり、転職を成功させるにはしっかりとした準備と心構えが20代、30代の転職以上に必要になるのです。
そこで本特集では、30代後半から40代での転職を成功させるためには何が必要なのかを、転職成功事例を踏まえ、考えていきます。

40代の転職に役立つケーススタディ&転職成功事例(※30代後半含む)

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント 40歳以上の転職ケーススタディ

40歳以上の転職事例を紹介。45才で技術関連ベンチャーから機械メーカーに転職した事例。40歳で薬品物流ベンチャーから消費財メーカーの管理部門に転職した事例。42歳で外資系理療機器メーカーの営業から総合化学メーカーの医療部門の営業に転職した事例が具体例を交え、紹介している。

リクナビNEXT画像

リクナビNEXT 35歳以上のITエンジニア転職

35歳転職限界説を超え、転職に成功したITエンジニアのケーススタディを詳細に解説。36歳で回路設計からセキュリティエンジニアに転職した事例や43歳でコンサルタントからシステム管理者に転職した事例、41歳でSEになった事例をインタビューを交え、紹介している。

関連ランキング ヘッドハンティング会社ランキング

40代転職にまつわる3つのウソ・ホント

40代で転職活動を行う人に対して、よく言われるのが下記の3つの項目です。まずはこれらのウソ・ホントを見ていきたいと思います。

[1]転職可能年齢は35歳が上限
[2]マネジメント能力がなければ転職できない
[3]年収はダウンする

さて、まず[1]についてですが、上述したように40代の求人も増加傾向にあります。また、企業の求人における年齢の制限は殆どの場合、目安として設けられていることが多いため、年齢制限が35歳となっているケースでも40代の人が採用されるチャンスは増えています。つまり、[1]に関してはそれほどナーバスになる必要はありません。特に最近ではITエンジニアの転職で35歳以上の転職が増えています。ITエンジニアはスキルが必要になるため、未経験からの転職は困難ですが、逆にスキルがあれば35歳以上でも転職の機会が広がっています(参考:限界説をふっ飛ばせ!35歳以上のITエンジニア転職)。※実際に転職相談.jp編集部が、大手人材紹介会社のキャリアコンサルタントにヒアリングを実施したところ、2014年、2015年あたりから求職者に求める年齢条件がワンランク上がり、40歳前後が一つの目安になっているという回答が多数寄せられていました。

次に[2]ですが、40代になると、部下を指導した経験を持っているケースが殆どですから、マネジメント能力に期待を寄せられるのは事実です。但し、これはマネジメントさえできれば良いと言うわけではありません。むしろ最も重要なのは現場力があること。その上で初めてマネジメント能力が活きてくるのです。40代の転職は現場力とマネジメント力の2つが求められているのです。(※上述したITエンジニアのように、スキルが求められる職種に関してはマネジメント経験よりもスキルが重視されます。)

最後の[3]は、ケースバイケースです。転職先がこれまでの経験やスキルを高く評価してくれた場合、年収がアップするケースもあります。一方で年収が下がる一番のケースは、40代での未経験職種への転職です。40代になると高い年収を受け取っている場合も多いため、査定が厳しくなる未経験職種への転職の場合、大幅に年収がダウンするケースもあります。また、40代は新入社員のようにじっくりと育てて戦力になってもらう時期ではありませんから、例え未経験の職種でも結果を出すために待ってもらえる時間は長くありません。新しいフィールドにチャレンジする場合、これらのリスクが伴う事をしっかりと認識しておきましょう。

40代の転職は20代、30代の転職と比較するとハードルが上がりますが、決してチャンスが無い訳ではありません。あなたのこれまでの実績や経験、スキルを企業が欲しいと思えば、転職し、活躍するチャンスは幾らでもあります

40代の転職者に期待される能力とは?

それでは、企業が40代の転職希望者に期待する能力を具体的に解説します。
その能力は下記の4つに集約されると言って良いでしょう。

企業が期待する能力

1.柔軟な発想とスピード感があるか インターネット社会である現代は情報が溢れ、ビジネス環境も猛烈なスピードで変化していきます。その環境に適応するためには、柔軟な発想とスピード感が必要です。
2.これまでの経験が蓄積されているか 人脈や営業力、指導力等、これまでに培ってきた経験の蓄積は、40代の大きな武器です。また、一方で過去の成功体験が必ずしも今通用するとは限りません。経験を活かしていくと共に、過去の成功体験に縛られない柔軟な姿勢も必要です。
3.プレイングマネージャーとしての能力(意識)があるか 40代での転職は結果を求められます。マネジメント中心の仕事であってもいざと言うときはプレイヤーとして結果を残せること。現場の先頭に立って引っ張れるプレイングマネージャーとしての能力(意識)を持っている人は高く評価されます。
4.過去を捨てる覚悟はあるか 現在の会社で培った実績や地位、成功体験は新しい職場では一旦リセットされます。転職面接で考慮してもらえた実績も、その後結果を出せなければ評価されません。経験を活かしつつ、過去の栄光は忘れ、またゼロからチャレンジできること。その覚悟を持てれば転職の成功にグッと近づくでしょう。

これらの4つの能力がある方は40代での転職を成功させることができるでしょう。

40代転職は人材紹介会社の活用が鍵

それでは実際に40代で転職活動をスタートする際、どういった方法がベストなのでしょうか?
一般的な転職活動の方法としては、以下の方法があげられます。

[1]新聞や情報誌、企業のHP上の求人募集に直接応募
[2]転職サイトを利用した直接応募&スカウト
[3]人材紹介会社(転職エージェント)を活用した活動

この中で、現在主流になっているのが[2]の転職サイトと[3]の人材紹介会社です。

転職サイトは、全ての活動を自分のペースで行いたいという人に向いています。企業への応募やスカウト条件の登録等、基本的に全ての作業を転職サイト上から行えるようになっています。代表的な転職サイトにリクナビNEXTDODA(デューダ)[en]社会人の転職情報FROM40等があります。

この方法は自分のペースで転職活動を行いたいという人に向いています。転職サイトの求人は、多くの場合、年齢の目安がかかれているため、その年齢+マイナス5歳前後を応募の限界と考えると良いでしょう。良い求人が見つかっても、書類選考のみで落とされ、次の選考に進めないケースもありますが、40代で転職しようと思うのであれば、そのような些細な事をきにしてはいけません。応募しなければ次は決してない訳ですから、小さなことは気にせず、気になった企業があれば積極的に応募しましょう。

また40代で転職する際、お薦めしたいのが人材紹介会社の活用です。人材紹介会社に登録すると、まずはキャリアカウンセリングを行い、その結果を踏まえた上で条件に合う企業をさがしてくれます。求人に関しては、40代でも問題ないかどうかを確認した上でピックアップしているので、無駄が少ないという点も大きなメリットと言えるでしょう

また、人材紹介会社には、公開求人、非公開求人を合わせると転職サイトの数十倍の求人が集まっているという点も限りある求人から転職先を探す、40代の転職において、有利な点です。

ちなみに人材紹介会社・転職サイトの中で40代の転職に強いと言われる会社は下記の3社です。転職を真剣に考えている方は上手く活用すると良いでしょう。

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

リクルートグループに属する国内最大手の人材紹介会社。他の転職サイト、人材紹介会社と比較しても圧倒的な求人数を誇る。サイト上で40歳以上の転職のケーススタディを展開。40代で転職を検討するのであれば外すことができない会社の一つ

40歳以上の求人数:400件以上
拠点数:東京本社、北海道、宮城、宇都宮、さいたま、千葉、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

このサイトへ行く

DODA 画像

DODA(デューダ)

DODA(デューダ)は転職支援サービス大手インテリジェンスが手掛ける人材紹介サービス。一つのアカウントで転職サイトとしての機能だけではなく、プロのキャリアアドバイザーに相談できる人材紹介サービスの利用も可能。求人数は公開・非公開求人を合わせると8万件以上を取り扱う。

40歳以上の求人数:―
拠点数:場所を問わず全国から登録を受付。人材首魁サービスは北海道、宮城、東京、横浜、愛知(名古屋)、大阪、京都、神戸(兵庫)、広島、福岡の各拠点で利用可能

このサイトへ行く

リクナビNEXT画像

リクナビNEXT

リクルートが運営する国内最大級の転職サイト。40歳以上に求められる期待されている力をまとめたコンテンツを用意する等、40代、50代を含む中高年の転職支援に積極的。

40歳以上の求人数:200件以上
拠点数:場所を問わず全国から応募可能

このサイトへ行く

残り20年のサラリーマン人生。転職してもしなくても後悔しない選択を

40代の方にとってサラリーマン人生はあと20年弱、つまりあと半分も残っているのです。今の時代、転職せずに会社に残っていたからと言って、必ずしも安全と言う訳ではありません。もし、現在の職場での地位や仕事の内容、人間関係に不満があるのであれば、転職を検討するのも一つの方法です。転職するかしないかを最終的に決断するのは自分自身ですが、「40を過ぎたから転職は無理だろう」と諦めるのは早過ぎます。
自分のこれからの人生を考え、転職したいと思うのであれば、強い信念を持って活動することが大切です。本気で取り組めば、必ず良い結果に繋がるはずです。