ヘッドハンターが求める能力は

ヘッドハンティングの現場

転職相談.jp

ホーム > ヘッドハンティングの現場

ヘッドハンティングの現場

ヘッドハンティングの需要が急増中

景気の回復を背景に、ヘッドハンティングの需要が急増しています。業績拡大を狙う企業にとって、実務能力に優れ、マネジメントができる幹部人材は喉から手が出るほど欲しいでしょう。

本特集ではヘッドハンターがスカウトする人材の条件を徹底研究していきたと思います。

関連ランキングヘッドハンティング会社ランキング

ヘッドハンティングとスカウトメールの違い

ヘッドハンティングとは企業側から、高いキャリア、能力を持つ人材に対して転職を働きかけることをいいます。最近、一部転職サイトでスカウトサービスが行われていますが、その仕組みは転職サイトに登録している人材に対する企業側からのアプローチ。

ヘッドハンティングの場合、メール等での勧誘が困難な幹部社員への直接アプローチが大部分を占めます。

ヘッドハンターが求める能力 その1 : 高い専門性

ヘッドハンターがスカウトする人材を選別する際、重視する能力の一つが「高い専門性」です。現在の会社でいかに評価されていてもそのキャリアや能力が必ずしも対外的に通用するわけではありません。

以前と比べ日本企業も変わってきていますが、日本のサラリーマンの多くは、年功序列や会社独自のルールの中で評価されているゼネラリストです。ゼネラリストは、転職先では多くの場合通用しません。そこでヘッドハンターは、その人が対外的に通用する高い専門性を有しているかどうかを重視するのです。

ヘッドハンターが求める能力 その2 : 人間性

また、ヘッドハンターはスカウトする人材の人間性も重視します。ヘッドハンティングされた場合、ほとんどの場合が幹部社員としての待遇ですから、最初から部下を持ち、社内外での交渉を任されます。その際、部下や社内の人間に「この人といっしょに働きたい」と思ってもらえないような人であれば、仕事はスムーズに進みません。プレゼンテーション能力やコミュニケーション能力が高くなければ社外との交渉もうまくいかないでしょう。

また、転職した当初は人間関係をゼロから構築しつつ、与えられたポジションでの結果を求められる事からストレス耐性の強い人でなければ勤まりません。

そこでヘッドハンターはその人が新しい環境に適応しながらも、部下や社内のモチベーションを高められる人間性を持っているかどうかを重視するのです。

ヘッドハンターが求める能力 その3 : 実績

ヘッドハンティングされた人材は、生え抜きの社員を差し置いて幹部職として会社に入る訳ですから「あの人なら仕方がない」と納得させられるだけの力が必要です。その際、求められるのはやはり実績です。例えば、対外的にも名を知られているプロジェクトを成功させた実績や社内の赤字部門(支店)等を改革し黒字化した経験等があるとヘッドハンターからの評価が上がります。

また、その成功体験を冷静に分析し、客観的に評価できる人材かどうかもチェックされる要素の一つです。

ヘッドハンターに求められる人材になろう

ヘッドハンターは業界内に張り巡らされた情報網を使って優秀な人材の情報を収集しています。例えば雑誌の取材履歴やメディアでの露出などは大きなPRになります。また実際にヘッドハンティングを行う現場で、次のターゲットとなる優秀な人材の情報を収集し、求人と人材のスキルがマッチした時に声をかけるという方法も一般的なヘッドハンティングの手法です。

また最近は人材需要がひっ迫しており、ヘッドハンターが自前の情報網だけで優秀な人材を見つける事が難しくなっているため、限定されたネットメディアを通じて、ヘッドハンティングの対象者を募集するケースも出てきました

特に注目度が高く、利用者が多いのは、「ビズリーチ」と呼ばれる求職者が有料で自分の経歴を登録し、エグゼクティブクラスの高報酬求人を抱えるヘッドハンターにアプローチする逆ヘッドハンティングサービスと、人材紹介サービス最大手「リクルート」が新たにサービスを開始した、年収800万円以上の人材に特化した人材紹介サービス「リクルートキャリアカーバー」です。リクルートキャリアカーバーには敏腕ヘッドハンターが多数登録しており、会員登録したユーザーの経歴を見た上でヘッドハンティングを実施するサービスです。

ビズリーチは自分の経歴がヘッドハンターに売れるものであること、リクルートキャリアカーバーは年収800万円以上の人材であることという規定を守る必要がありますが、ヘッドハンターを利用する新しいカタチとしてどちらも大きな注目を集めています。

ビズリーチ画像

ビズリーチ

管理職・専門職・グローバル人材に特化した会員制の有料転職サイト。現在の利用者数は30万人以上。会員登録を行い、職務経歴書と登録する事で、2,200社を超える厳選した企業の求人情報を閲覧できる他、ヘッドハンターからのアプローチを受ける事もできる。

利用料:有料(30日コース:4,980円+税、90日コース:12,940円+税、180日コース:19,880円+税)

このサイトへ行く

リクルートキャリアカーバー画像

リクルートキャリアカーバー

人材紹介サービス最大手「リクルート」が新たに開始したヘッドハンターと転職者を結びつけるサービス。年収800万円を超える登録者を対象に、リクルートが厳選した優良ヘッドハンターが求職者にアプローチ。また気になる求人にヘッドハンターを通じて応募する事もできる。

利用料:無料

このサイトへ行く

ヘッドハンターを待つのも転職の形の一つですが、これからの時代はヘッドハンターに積極的にPRする事がエグゼクティブクラスへの転職を成功させる上での条件の一つになるのかもしれません