エンジニア転職の最前線

エンジニア転職に必要な資格や、フリーエンジニア向け、派遣エンジニア向け情報掲載。

転職相談.jp

ホーム > エンジニア転職の最前線

エンジニア転職の最前線

エンジニアは超売り手市場

IT業界 景気回復に伴って、企業の設備投資が増加するなか、エンジニアは、空前の売り手市場になっています。 IT業界は慢性的な人手不足という事もあり、未経験者がチャレンジできる求人も増加していますので、エンジニアの方だけでなく、これからエンジニア業界を目指す人にとっても、絶好のチャンスと言えるでしょう。しかも、エンジニア転職の場合、上手に知識や能力をアピールできれば、給与や待遇がアップするケースも多々あります。

キャリアアップを考えている人は、転職成功に向けて、動きだすチャンスと言えるでしょう。

関連ランキング IT転職サイトランキング

エンジニアの転職に有利な資格

エンジニアの場合、資格が必須という訳ではありませんが、評価の高い資格を持っていれば、転職の際はもちろん、仕事をする上でも役に立つケースがあります。自分の技術や知識を効果的にアピールする大きな味方にもなりますので、希望の職種にあわせて、資格取得を考えてみるのも良いでしょう。

情報処理技術者
情報処理技術者としての知識や技能を認定する経済産業省認定の国家資格で、国内の情報処理関連資格の中で最もポピュラーです。幅広い知識を総合的に評価するため、有資格者は企業の評価が高く、転職が有利になるのはもちろん、入社後は資格手当などがつく場合もあります。14種類の試験があり、なかでも難関の高度情報処理技術者資格を取得すれば、より優遇されます。(※また、現在、新試験制度が検討されていますので、詳しくは、HPなどで確認して下さい。)
ベンダー資格
「ベンダー」とは、OS、ソフトウェア、ハードウェアなどのIT関連の製品を開発、販売しているメーカーのことで、「ベンダー資格」とは、各メーカーの製品に関する技術レベルや実践能力を証明する資格のことです。国際的に実施されることが多いので、世界標準の資格として、転職の際も高く評価されます。 マイクロソフト認定プログラム マイクロソフト社のOS、サーバー、アプリケーションに関する知識を問う資格です。システムを構築する際、マイクロソフト製品を無視することはできません。特に上位資格であるMCSEやMCITP、MCDBA、MCAS取得者は高く評価されます。 シスコ技術者認定 ネットワークの管理、運営、構築を担当するネットワークエンジニアを対象に、必要な知識と技能を証明する、シスコシステムズ社主催の認定資格です。CCNPやCCIEといった上位資格は、難関のベンダー資格として高く評価されています。 サンJava認定資格 プログラミング言語Javaに関する基礎的な技術や知識から実践的な開発力や設計力まで、幅広い知識と技能を認定するサン・マイクロシステムズ社主催の資格です。システム開発の現場で必須となっているJavaの知識を問う資格として高い人気を誇ります。 オラクルマスター データベースの分野で世界的に高い評価を受けるオラクル製品に関する知識と技能を認定する日本オラクル主催の資格です。オラクルマスタープラチナはオラクルのDBのスペシャリストとして高い評価を得ています。ゴールド以上を取得していれば一定の評価を得られるでしょう。

フリーエンジニア、派遣エンジニアという選択肢も

フリーエンジニアとして働く
超売り手市場のなか、フリーエンジニアとして働く人が増えてきています。自分のライフスタイルに合わせて働けたり、やりがいを見出せたり、成功すれば、自分のスキルや経験を活かしてキャリアアップできたり、報酬アップを見込めるのが魅力です。ただし、完全に独立する場合は、営業や開発、経理まで、自分でこなさなければなりませんので、相当の覚悟が必要です。最近は、営業の代行などをしてくれるフリーエンジニアの支援団体もありますので、働きやすい環境が徐々に整いつつあると言えます。 テンプスタッフ・テクノロジー エンジニアの転職仲介、紹介予定派遣大手の一角。フリーエンジニアへの仕事紹介も行なっている。 首都圏コンピュータ技術者株式会社 フリーエンジニアのための支援団体「首都圏コンピュータ技術者株式会社」では、営業のほか、サポート体制や共済制度を整備。安心して働ける環境を整えている。
派遣エンジニアとして働く
派遣エンジニアとして働く人も増えています。派遣の中でも高時給で、スキルや経験があれば、時給5000円以上、年収1千万円以上も夢ではありません。経験が少なくても、派遣先で経験を積めば、スキルアップや報酬アップも見込めますし、実力が認められれば、社員登用される場合もあります。人材派遣会社は、「インテリジェンス」や「アデコ」、「テンプスタッフ・テクノロジー」といったエンジニア派遣に強い会社や、好待遇を見込める「松下エクセルスタッフ」等がお薦めです。 最近は、人手不足を反映して、未経験者OKという求人も急増しています。未経験者は、資格取得などスキルアップ支援体制が整っているかどうかを確認してから登録すると良いでしょう。

プラスαのスキルを身につけよう

エンジニア エンジニアは超売り手市場ですが、知識や技術、経験、資格があれば、誰でもすぐに良い条件で転職できるかというと、そう簡単ではありません。 最近の転職市場は、人材を厳選して採用する傾向が高まっており、エンジニアにも、他の職種と同じように、お客様との交渉や他のスタッフとの調整など、高いコミュニケーション能力が求められるようになってきています。つまり、いくら技術や知識があっても、コミュニケーションに乏しいと、転職がうまくいかないケースもあるのです。現在のエンジニアには、技術力はもちろん、コミュニケーション能力が求められているという点を肝に銘じておきましょう。 特に、フリーエンジニアの場合、うまくコミュニケーションをとりつつ、主体的に仕事を進める力や、上手に交渉を進めるプラスαのスキルは必須です。常日頃から知識や技術だけでなく幅広い視野を持つように心掛けましょう。

いずれにしても、スキルアップを考えているエンジニアの皆さんにとっては、絶好のチャンスであることは間違いありません。転職を考えている人は、ぜひこのチャンスを捉えて、新たな一歩を踏み出しましょう。