転職サイト活用の秘訣

転職サイトを上手く活用しよう

転職相談.jp

ホーム > 転職サイトを活用する

転職サイトを活用する

最も手軽な転職活動の手段、転職サイト

いざ転職活動を始めようと思ってもビジネスマン、ビジネスウーマンの多くは日々の仕事に追われ、時間がなかなか作れないという現実があります。そんな時、最も効率的且つ手軽に求人情報を入手できる手段が転職サイトです。

。本特集では「転職サイトを活用する」と題して転職サイトの特徴と上手な利用の仕方を解説していきます。

特徴その1 : 豊富な求人数とリアルタイム情報

求人情報の収集といえば以前は紙媒体の転職情報誌が主流でしたが、最近は転職サイトを活用する人が増えています。その最大の理由は、転職サイトは紙面が限られる紙媒体に比べ情報が豊富で、リアルタイムの情報が掲載されているためです。

また、求人情報の検索が簡単にできるところも大きな利点です。自分に希望の条件を指定したり、フリーキーワードを入力して条件に合った会社を探すこともできます。

特徴その2 : 転職サイトならではのサービス「スカウト」

また、転職サイトには求人情報誌や人材紹介会社には無い魅力的なサービスがあります。それがスカウトサービスです。スカウトサービスの仕組みは下記の通りです。

  • 1.転職サイトに会員登録し履歴書、職務経歴書を登録し公開※匿名での公開も可能
  • 2.企業の採用担当者や社長が履歴書、職務経歴書から採用条件に合う転職希望者を検索
  • 3.該当者に説明会や求人への応募を依頼するスカウトメールを送信
  • 4.スカウトメールの内容を確認し、興味がある求人であれば応募
  • 5.転職面接

スカウトサービスの利点は企業の採用担当者や社長から直接アプローチが来るという点にあります。つまり、スカウトメールが来た時点で企業はあなたの経歴に興味を持っている訳ですからその企業に応募した際の転職成功率は必然的に高くなります。

また、スカウトに登録しておくことで思いもかけない企業からアプローチを受けることもあります。自分の可能性を広げるチャンスになりますから転職サイトを利用する場合、スカウトサービスを活用すると良いでしょう。

  履歴書チェック&面接対策ができる転職サイト
サービス名 リクナビNEXT  DODA(デューダ)
  リクナビNEXT画像 DODA(デューダ)画像
特徴 転職者の約8割が利用する圧倒的な人気と実績を誇る転職サイト。スカウトサービスに関しても他社に先駆けてサービスを開始。2014年5月末のスカウトメールの送信数は400万通以上と、単体の転職サイトの中では間違いなくトップクラス。転職を考えるのであれば必ず登録しておきたい転職サイトの一つ。 総合人材サービス企業「インテリジェンス」が運営する転職サイト。公開求人に加え、非公開求人が充実。転職サイトと人材紹介サービスが一体になったサービスを提供しており、単独でサービスを提供する転職サイトと比較すると求人数・スカウトメールの数ともに多い。2013年度のスカウトメールの配信数は1カ月平均1,220万通と他を圧倒している。
スカウトメール送信実績 400万通以上※2014年5月現在 1,220万通以上※2013年度1カ月平均
  このサイトへ行く このサイトに行く

特徴その3 : 履歴書、面接、転職の悩みが相談ができるサービスも

また、最近では転職サイトで履歴書や面接、転職の悩みが相談ができるサービスも出てきています。利用するための条件は会員登録するだけです。無料で利用できるので是非積極的に活用しましょう。下記は履歴書、面接の相談ができる転職サイトのサービス比較です。

  履歴書チェック&面接対策ができる転職サイト
サービス名 マイナビ転職 [en]社会人の転職情報
  マイナビ転職画像 enジャパン画像
履歴書
対策
○履歴書コーチ・・・Web履歴書の書き方やアピールについて専任スタッフが個別にアドバイス。 ○レジュメコーチ・・・専任のスタッフがWeb履歴書を評価。WEB履歴書をよりよく見せるためのアドバイスシートを作成。
面接対策 ○面接コーチ・・・模擬面接であなたの内容とその回答について専任スタッフがアドバイス。 該当サービスなし
転職相談 ○転職相談・・・転職活動の進め方やうまくいかない事などについて専任スタッフがアドバイス。 ○メール転職相談・・・転職に関する様々な相談に専任のスタッフが回答。
サービス
利用方法
無料会員登録
  このサイトへ行く このサイトに行く

自分のペースで活動したい人は転職サイトを活用しよう

転職サイトはインターネットさえあれば、ほとんど全てのサービスを利用することができます。自分のペースで転職活動をしたい方、まずは求人情報を収集したい方、スカウトサービスを利用して企業からのアプローチを待ちたい方は転職サイトを活用すると良いでしょう。

また、本格的に転職活動をしたい方にはプロのキャリアコンサルタンに無料で相談でき、非公開求人を含めた膨大な求人から適職を紹介してくれる人材紹介会社のほうが向いているでしょう。