医師の転職

医師の転職・メインイメージ

大きく変わりつつある医師の転職 医師の転職

医師の転職は、以前は医局制度のもと、教授の紹介で他の病院へ移るといったケースが一般的でした。しかし、現在は医局制度も崩れつつあり、何より医師一人一人の意識が大きく変わり、自分の人生を他人任せにするのではなく、自らのキャリアを自らで決める能動的な転職が増加しています。

また医師の転職に対する周りの評価も以前とは大きく異なります。現在では有能な人材の転職は、貴重な戦力として適正に評価されるようになってきています。

転職の心得 医師の転職

転職の心得・イメージ

医師の転職は売り手市場であり、職場を選ばなければ転職すること自体は決して難しくはありません。だからといって安易に転職してしまうと良い結果にはつながりません。

転職が身近になっているとはいえ、職場を変えるということは大きな決断です。

転職する際は、自分の今後のキャリアをについてしっかり考え、転職先の病院に何を求めるのかを明確にした上で、病院を探しましょう。医師の求人の中には給与や休日等の待遇が非常に良いものがありますが、それだけで病院を決めず、その病院で自分が求められる役割や自分のキャリアを描く上でプラスになるかどうかをしっかり考え、後悔しない選択をしましょう。

転職はあくまで手段です。転職自体が目的にならないことが良い転職をするための心得です。

医師の転職の流れ 医師の転職

医師の転職は、概ね下記の流れで進んでいきます。

  • step1転職先選定(自分 or 転職エージェント)

  • step2求人応募・書類選考

  • step3面談・合否決定

  • step4前病院退職

  • step5新病院入職

まず最初のタスクが転職先の病院探しです。病院探しの方法は、大きく分けると自分で探す方法と医師の転職仲介を専門とする転職エージェントを活用する方法の2つがあります。転職したい病院が既に決まっている場合は、自分でその病院の求人に応募するという方法がもっとも効果的ですが、そうではない場合は、転職エージェントの活用がお勧めです。

転職エージェントは自分の条件に会う最適な病院を探してくれる他、採用面接の日程調整や休日・年収などの交渉の代行等も行ってくれます。これらの作業は非常に手間がかかり神経をつかうことから、医師が通常業務をこなしながら行うことは困難です。転職エージェントはこれらの作業を無料で代行してくれるので上手く活用すると良いでしょう。

医師の転職を専門とする転職エージェントを利用する主なメリット
条件に会う病院をピックアップ
診療データ及び内部情報(学閥等)の提供
応募書類のチェック・面接指導
勤務条件及び年収の交渉を代行
採用面接日程調整

ただし、医師向け転職エージェントといっても、全て同じではなく、得意とする地域、科目、キャリアアドバイザーの評判等も異なります。転職活動はそう何度もやるべきものではありません。忙しい医師の転職活動をしっかりサポートしてくれる質の高い転職エージェントを見つけましょう。

下記は編集部がリサーチした中で最も評価が高かった医師専門の転職エージェントです。求人件数、実績、コンサルタントの質等、全てが高いレベルにあり、登録しておいて損をすることはないでしょう。

医療転職最大手メディウェルが運営する医師転職支援サービス。求人件数は16,000件以上と医師専門の転職エージェントの中でトップ。提携医療機関の数は5,000件以上、医師の利用者数6,700名、年収アップ率130%、希望条件達成率約8割と数ある医師転職支援サービスの中でも圧倒的な実績を残している。 条件の良い転職先を探すのであれば、登録しておくべき医師転職支援会社の一つだろう。

求人件数 16,000件以上
取り扱う求人 常勤雇用、定期非常勤、スポット(医師アルバイト)

総合人材サービス最大手リクルートグループの医師専門の転職エージェント。求人件数は15,000件以上と医師専門の転職エージェントの中でトップクラス。病院だけではなく製薬会社、保険会社等の医師求人も取り扱う。また常勤雇用に加え、定期非常勤、スポット(医師アルバイト)といった案件も豊富に取り扱う。求人案内も通常3日以内とスピーディーな対応にも定評がある。

求人件数 15,000件以上
取り扱う求人 常勤雇用、定期非常勤、スポット(医師アルバイト)