転職でヘッドハンティングを利用する場合のメリット、デメリット。スカウトが来たらどうする?

転職 ヘッドハンティング

転職相談.jp

ホーム > 転職とヘッドハンティング -ヘッドハンティング会社への登録はあり?なし?-

転職とヘッドハンティング -ヘッドハンティング会社への登録はあり?なし?-

ヘッドハンティングで転職する、という選択肢

ヘッドハンティングと聞くと、経営幹部や高度な専門職向けの転職方法、と考える方が多いでしょう。どちらかと言えば、一部のハイキャリア層のみが対象となるイメージが強いヘッドハンティングですが、最近は、転職者が自ら登録し、ヘッドハンターとやり取りをしながら転職活動ができるヘッドハンティング会社が増えています
これらの登録制ヘッドハンティング会社は、人材紹介会社や転職サイトとは異なる案件を持っていることが多く、特にキャリアアップを目指すビジネスパーソンから支持を集めています。 そこで今回は、「ヘッドハンティングと転職」をテーマに、登録制のヘッドハンティング会社を利用するメリットやデメリット、スカウトを受けた場合のポイント等を解説します。

ヘッドハンティングを利用するメリット

ヘッドハンティングを利用する最大のメリットは、転職後のキャリアアップに有利に働く求人案件が多い点です。
ヘッドハンティング会社が扱う案件の多くは、転職サイトや人材紹介会社では十分な応募者数を集めることができない求人。たとえば、特定分野の技術者や、特定の実務経験を持つビジネスパーソン等、スキル・経験がピンポイントで指定されているケースが少なくありません。転職市場における人材の絶対数が少ない場合、給料や待遇は相対的に好条件になります。そのため、条件に合致する転職者にとっては、ヘッドハンティング会社を利用したほうが、他の転職サービスよりも効率的に、条件の良い転職先と出会うことができます
また、ヘッドハンティング会社を利用することで、キャリアアップと転職に対する意欲を企業側にアピールすることもできるでしょう。

ヘッドハンティング会社のメリット
  • 給料・待遇などが好条件の求人が多い
  • 転職サイトや人材紹介会社にない求人にアクセスできる
  • ヘッドハンターから提案を受けることで転職活動を効率化できる
  • キャリアに対する積極性を企業にアピールできる

ヘッドハンティングを利用するデメリット

一方で、ヘッドハンティングを利用するデメリットとして意識しておきたいのは、間口の狭さです。転職サイトや人材紹介会社の場合、取り扱う業種や職種、応募条件(年齢・スキル・経験など)は比較的幅が広く、第二新卒や未経験分野への転職であっても、一定の応募企業を見つけることができます。しかし、ヘッドハンティング会社の求人は、ほとんどが即戦力になれる人材を募集しているため、必ずしもすべての転職者にとってベストの窓口になるとは限りません。業種・職種によっては、求人そのものの取り扱いがない等、偏りもあるため、自分の持つスキルや経験が、ヘッドハンティング会社の扱う求人とマッチしているかどうかを見極めることが大切です。

ヘッドハンティング会社のデメリット
  • 業種・職種によっては求人が少ない
  • マネジメント経験・特典分野の専門知識などを求められることが多い

ヘッドハンティング会社を利用するコツ

◆事前の情報収集が決め手

ヘッドハンティングを利用して転職する場合のコツは、通常の転職と、大きな流れにおいては変わりません。
スカウトが来たら、最初に仕事の内容・給与・待遇・企業のビジョン・社風など、転職先の基本的な情報を確認しましょう。例えば、キャリアアップを目指しているのであれば、この話が、自分の望むキャリアを実現できるのか、自分のやりたいことができる会社なのかどうかを、自分の「転職の軸」に照らし合わせて判断することが大切です。
ヘッドハンターの話をそのまま鵜呑みにするのではなく、企業の公式HPや、転職サイト・人材紹介会社などを活用して、自分なりの企業研究を行うほうが、入社後のミスマッチなどは起きにくくなるでしょう。

◆スカウトを受けても選考は行われる

また、ヘッドハンティングの場合でも、原則的に企業側の選考(採用面接など)は行われます。面接時の質問で、志望動機や入社後のビジョンなどを問われる点も、通常の転職と同じ。「この会社で働きたいと思う理由」「貢献できると思う自分の強み」などを整理し、どのように回答するか、対策を練っておきましょう。

おすすめのヘッドハンティング会社

ビズリーチ画像

ビズリーチ

管理職・専門職・グローバル人材に特化した有料の登録制ヘッドハンティング会社。公開求人数は約68,000件、取り扱う企業は約6,400社。会員登録(無料)を行い、職務経歴書を登録すると、公募求人など一部の求人に応募可能。また、ヘッドハンターからのスカウトを受け取ることもできる。ただし、スカウトに返答する場合や、すべての求人の閲覧・応募は有料(30日間:タレント会員2,980円税抜~ハイクラス会員4,980円税抜)。ハイクラス会員への登録は年収750万円以上が条件となる。

このサイトへ行く

リクルートキャリアカーバー画像

リクルートキャリアカーバー

人材紹介サービス最大手「リクルート」が新たに開始したヘッドハンターと転職者の仲介サービス。利用料は完全無料。年収800万円以上の転職者が登録対象となっている。会員登録後、履歴書(レジュメ)を公開すると、100社、約800人以上のヘッドハンターが自身の抱える求人案件の中から登録者に合ったものを選び、スカウトメールで知らせてくれる。また、キャリアカーバー内の求人を検索し、気になる案件には、ヘッドハンターを通じて自己応募することも可能

このサイトへ行く

ヘッドハンティングを利用した転職を

ヘッドハンティングを利用した転職には、メリットもあれば、デメリットもあります。しかし、人材へのニーズが多様化している現在、どのような人材が求められているかは、企業や業務内容により千差万別です。自分ではそれほど強みに感じていなかったスキルや経験でも、特定の企業にとっては、求める人材の条件に合致しているケースがあるかもしれません

登録制のヘッドハンティング会社の登場により、従来はヘッドハンターからの声かけを待つイメージが強かったヘッドハンティングを、より多くのビジネスパーソンが利用できるようになりました。豊富なマネジメント経験や、特定分野に対する深い専門知識をお持ちの方であれば、登録制のヘッドハンティング会社を利用することで、あなたのスキルを評価してくれる企業に、有利な条件で転職することが可能になるかもしれません。

キャリアアップやスキルアップを目指すビジネスパーソンは、ヘッドハンティングという選択肢を、ご自身の転職活動に加えてみてはいかがでしょうか。