転職活動の期間とは

転職活動の期間とは?長期間にわたる転職活動をじっくり取り組もう!

転職相談.jp

ホーム > 転職活動の期間

転職活動の期間

転職活動を始める前に気になるのは、実際に転職活動を始めて転職先が決まるまでどの程度の期間がかかるのかという点でしょう。

転職活動にかかる期間は当然個人差がありますが、平均的な準備期間を認識した上で活動を始めるのと、何の知識もなく漠然と活動するのとでは、心理的な影響や転職活動への取り組み方が大きく異なります

ちなみに国内最大手の人材紹介会社リクルートエージェントの調査によると転職活動の標準期間は3カ月~半年と言う結果が出ています。en転職コンサルタントでも80%近くが3カ月から半年、マイナビ転職でも3カ月という結果が出ている事から、転職活動にかかる期間は概ね3カ月から半年程度と見積もっておくと良いでしょう

参考資料転職活動の期間は3カ月から半年程度(リクルートエージェント)

また転職活動は大別すると準備期間と実際の活動期間にわかれます。準備期間ではしっかり自己分析を行い、転職する業界、希望する職種を定めて書類作成を行います。次のフェーズが実際に企業を選定し、転職希望先への応募、書類選考、面接、内定という流れです。

ここで焦点になるのは会社を辞めてから転職するべきか、在職中に転職活動するべきかという点です。リクナビNEXTの調査によると辞めてから転職した人の割合と働きながら転職活動した人の割合はほぼ半々ですが、実際にそのやり方で転職をして成功だったかどうかという質問に対しては、辞めてから転職した人は73.6%が成功、26.4%が失敗と回答。在職中に転職活動した人は93.6%が成功、6.4%が失敗と答えています。

この答えを見ると、やはり在職中に転職したほうがベターだという事がわかります。仕事の状況などでできない人もいると思いますが、全体の傾向としては在職中に転職活動したほうが満足度が高いという点は憶えておきましょう。

また転職活動には、転職サイト、人材紹介会社、自己応募という3つの手段がありますが、最近ではほとんどの人が転職サイトや人材紹介会社を活用しています。これらのサービスを利用する事で転職先探しや履歴書・職務経歴書のブラッシュアップ、模擬面接までサポートが受けられるので上手く活用すると良いでしょう。

参考資料転職活動するなら働きながら?辞めてから?

転職活動は長期間にわたる戦いですが、自分の人生をもう一度考え直す最大のチャンスなので、焦らず、妥協せず、じっくり取り組みましょう。それが転職を成功させるための最大のポイントです。