24歳は第二新卒として転職にチャレンジ 選考でアピールできるポイントは?

24歳 転職

転職相談.jp

ホーム > 8.24歳の転職

第8回 24歳の転職

24歳の転職事情

24歳は新入社員のあわただしい時期を過ぎ、仕事に少し余裕が出てくるタイミング。将来のキャリアや、自分が本当にやりたいことについて考える中で、転職という選択肢を思い浮かべることが増えてきます。 実際に、転職サイトDODAの調査(※1)では、転職を考え始めた年齢として、「24歳」が全体の3位にランクイン。女性に回答を絞ると「24歳」が「25歳」と同率で1位になっています。
そこで、今回は転職が視野に入ってきた24歳の方が知っておきたい、様々な情報をピックアップ。社会人経験が短いからこそできる転職方法など、転職活動を進める中で重要なノウハウをご紹介します。

※1 何歳で転職を考え始める?|キャリアコンパス

24歳の転職におすすめの転職サイト・人材紹介会社

このサイトへいく

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイト
国内最大級の転職サイト。第二新卒歓迎の求人も豊富に取り扱っており、転職を検討しているならば一度はチェックしたい転職サイトの1つ。
第二新卒歓迎求人数:2,000件以上 ※2015年6月時点

このサイトへいく

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

人材紹介会社 第二新卒に特化
人材紹介会社の中でも、入社3年未満の第二新卒に特化した人材紹介会社。
東京・大阪・名古屋に拠点有り。
第二新卒歓迎求人数:非公開 ※2015年6月時点

24歳の転職 通常の転職との違いは?

24歳は、転職者の最大のボリュームゾーンである20代後半や30代前半の転職希望者と比較すると、スキルや経験の面ではどうしても劣ってしまうことは事実です。

一方で、24歳という若手のうちでしか使えない、転職の切り札も存在します
それは転職業界では「第二新卒」採用と呼ばれています。第二新卒とは、社会人経験3年未満の若手社会人のことを指し、最低限のビジネスマナーを身につけた発展途上の人材として、企業からの需要が年々高まっています。 企業によっては、通常の中途採用とは別に第二新卒採用枠を設けており、この採用枠を利用することで転職を有利に進めることが可能です。

中途採用と第二新卒採用の違い
中途採用 スキルや経験が重視され、即戦力が求められる
経験を積んできた20代後半・30代と同じ枠で競うことになる
第二新卒採用 スキルや経験よりもやる気とポテンシャルが求められる
社会人経験3年未満の人が対象なので、ライバルが少ない
未経験業界・職種でも応募できることが多い

スキルや経験で劣ってしまう24歳が転職をするのであれば、やはりねらい目は第二新卒採用。最近では景気の回復による採用枠の拡大で、第二新卒の需要が高まっており、若手社会人の転職に追い風が吹いています。
また、第二新卒採用の大きな魅力として、「未経験の業界・職種にチャレンジできる」という特徴も。通常の転職では、志望業界・職種の経験がない場合、選考が不利になってしまうケースが多いですが、第二新卒では、未経験の業界・職種でもマイナスとなることはほとんどありません。中途採用では経験者以外お断りの業界・職種にも、未経験から応募ができる点は、第二新卒の特権といっても良いでしょう。

24歳の転職では、この第二新卒採用枠を最大限に活用することが、転職を成功させるキーポイントの1つです

24歳の転職でのアピールポイント、ウィークポイント

24歳での転職は、選考時にアピールすべきポイント、カバーすべきウィークポイントが、これまでのキャリアが重視される中途採用とは若干異なります。

アピールポイント
コミュニケーション能力
ビジネスマナー
ポテンシャル
やる気

ウィークポイント
短期間で退職した理由

まず、企業がチェックするのは、社会人として必須のコミュニケーション能力やビジネスマナー。
さらに、転職後の成長を見込めるようなやる気とポテンシャルを見せることができれば、採用担当者に好印象を与えることができるでしょう

一方、若手のうちに転職を決めた方に特有のウィークポイントが「24歳で退職した理由」。短期間での退職は、一般的に忍耐力・根性がないという印象を与えてしまいがちです。
「残業が多くて辛かった」「仕事の内容がつまらなかった」など、ネガティブな理由は徹底して避け、「自分をステップアップさせるため」「夢を実現するため」といった前向きな理由を考えることが大切です。もしどうしてもポジティブな理由が全く思い浮かばない場合、なぜ自分は転職したいのかをもう一度考えなおすことおすすめします。

24歳の転職で利用したい転職サイト・人材紹介会社

転職で求人を探す際は、転職サイト・人材紹介会社の利用が一般的です。これは第二新卒の転職も変わりません。
これらの転職サービスは、第二新卒の求人が見つかるというだけではなく、初めて転職をするにあたり、必要な情報を収集するためにも役立ちます。
例えば、大手転職サイト・リクナビNEXTでは、「第二新卒のための「初めて書く職務経歴書」」「理想の会社の見分け方」などの第二新卒向けのコンテンツを用意。
転職を検討している方は、転職活動をスタートする上での基礎知識として、一度サイトをチェックしておくと良いでしょう。

人材紹介会社(転職エージェント)とは?

人材紹介会社(転職エージェント)とは?転職サイトのサービスについてはある程度理解しているものの、人材紹介会社(別名:転職エージェント)のサービスに関しては、ほとんどわからないという方もいらっしゃるかと思います。
人材紹介会社とは、転職希望者に対して、非公開求人の紹介や、模擬面接など総合的な転職支援を行っている企業のこと。人材紹介会社の利用は完全に無料で、転職成功後にお金を払わなければいけないということもありません。

人材紹介会社のサポートは、転職サイトとは異なり、一度人材紹介会社のキャリアコンサルタントと面談する事が登録の条件になっているため、手間はかかりますが、その分手厚いサポートを受けることが可能です。
例えば、転職サイトでは取り扱っていない、人気企業の非公開求人を紹介してもらえる他、履歴書・職務経歴書の書き方・面接での応対に関して相談ができる等、初めて転職に挑む24歳の方にとって、心強いサービスが充実しています。

転職を検討しているが、実際にするかどうかわからないという方は、人材紹介会社に登録し、転職のプロであるキャリアコンサルタントに、現在の転職市場の状況や、自分の市場価値について話を聞いてみるのも良いでしょう。

24歳の転職に使える転職サイト・転職エージェント

このサイトへいく

リクナビNEXT

リクナビNEXT

転職サイト
国内最大級の転職サイト。第二新卒歓迎の求人も豊富に取り扱っており、転職を検討しているならば一度はチェックしたい転職サイトの1つ。また、第二新卒の特設ページでは、第二新卒の転職についてのノウハウを学べるコンテンツを掲載している。
第二新卒歓迎求人数:2,000件以上 ※2015年6月時点

このサイトへいく

キャリアトレック

キャリアトレック

転職サイト 第二新卒に特化
20代向けの求人15,000件の中から、自分に合った求人を人工知能がピックアップする、ユニークな転職サイト。最初に希望の仕事に関する質問に答え、プロフィールを入力するだけで、自動で人工知能が求人を紹介。ヘッドハンターからのスカウトを受けることもできる。
第二新卒歓迎求人数:15,000件以上 ※2015年6月時点

このサイトへいく

リクルートエージェント

リクルートエージェント

人材紹介会社
リクルートが運営する人材紹介会社。全体の求人数は約9万件と、国内有数の求人ネットワークを持つ。第二新卒に関しても力を入れており、特設ページでは「25歳101人の転職」という若手社会人の転職例を集めたコンテンツを掲載。実例を通して転職のノウハウを学ぶことができる。
第二新卒歓迎求人数:非公開(全体求人約9万件) ※2015年6月時点

このサイトへいく

アイデムスマートエージェント

アイデムスマートエージェント

人材紹介会社 第二新卒に特化
人材紹介会社の中でも、入社3年未満の第二新卒に特化した人材紹介会社。第二新卒の求人紹介・キャリア相談などのサポートはもちろんのこと、東京、大阪、名古屋で転職セミナーを開催している。
第二新卒歓迎求人数:非公開 ※2015年6月時点

関連ランキング 第二新卒に強い転職サイト

24歳は転職について真剣に考え始める、最初のタイミング。
社会人経験が浅い段階で転職に踏み切っても良いのか迷いを感じることもあるかもしれませんが、将来のキャリアやステップアップについて熟考した上での決断ならば、転職に引け目を感じる必要はありません

転職を検討したいと思うのであれば、まずはその一歩として、転職サイトや人材紹介会社を活用してみると良いでしょう。その上で、転職する意思が固まったら、自分の信じる道を進んでいきましょう。