転職イベントにふさわしい服装と、ブース訪問のコツをチェックしよう!

転職イベント 服装 ブース訪問

転職相談.jp

ホーム > 転職イベントの服装とブース訪問のポイント

転職イベントの服装とブース訪問のポイント

はじめに

転職イベントは、一度に様々な企業の採用担当者と直接話をすることができる大変便利で貴重な機会です。転職イベントの運営主体は、ほとんどが転職サイトや人材紹介サービスの提供元であり、彼らに求人募集を依頼している企業の一部がイベントに出展しています。

今回の特集は、「転職イベント」に注目。いざ転職イベントに参加しようと思うと、「どんな服装で行けばよいのか」「企業の採用担当者と直接話すとき、何か事前準備は必要か」等、誰もが感じる様々な疑問に回答します。
転職イベントへの参加を検討されている方は、それぞれのポイントをしっかりとチェックし、転職イベントへの参加をより有意義なものにしましょう。

転職イベントの服装

転職イベントの開催要項を見ると、来場者は「服装自由」と記載しているケースがほとんどです。
それでは、本当に転職イベントへ参加する際、どのような格好で行っても良いのでしょうか?正解は「No」です。

大切なのは、企業の採用担当者への印象です。服装が自由だからと言って、派手な格好をしていった人を企業の採用担当者はどう思うでしょう?自分に裁量が与えられているということは、そこに、その人の考え方が表れるということです。転職イベントに参加する際は、社会人として節度ある、清潔感のある格好をすることをおすすめします。派手な格好や、ラフすぎる服装は避けたほうが良いでしょう。 (※ちなみに、エンジニアを対象とした転職イベントなどでは、私服で来る参加者も少なくありません。こういう場所ではスーツは非常に珍しく、逆に差別化できる可能性もあります。)
転職面接では、必ずしも、スーツで行かなければならない、というわけではありませんが、ブース訪問等で、企業の採用担当者と直接話をする機会であるということを忘れず、清潔感のある服装を心がけましょう
また、服装だけでなく、髪型や足元(靴)、化粧などの身だしなみに気を配るのも大切なポイントです

転職イベント ブース訪問を成功させる3つのポイント

ブース訪問では、採用担当者や、実際にその企業で働いている社員の方から、直接、事業内容や業務内容・採用情報等の話を聞くことができます。

ここでは、転職イベントでブース訪問する際の3つのポイントをご紹介します。
それぞれのポイントをチェックし、ブース訪問を通して、転職に役立つ情報を入手しましょう。

ポイント1 事前に情報を調べておく

転職イベントに参加する企業の情報をチェックする

転職サイトのホームページでは、転職イベントに参加する企業の情報が公開されているので、事前に参加企業をチェックしておきましょう。
参加企業をチェックし、どのブースを訪問するかを計画しておくことで、転職イベント当日、効率よくブースを回ることができます

企業の採用情報を調べておく

目的の企業がブースを出展している場合、その企業情報はもちろん、採用情報についてもしっかり調べておきましょう。
ポイントは、「企業のホームページ上に掲載されている採用情報」と「転職サイトに掲載されている求人内容(※転職サイトに求人が掲載されている場合)」の両方をチェックしておくこと。
例えば、転職サイトに掲載されている求人には、自分が希望する職種が無かったとしても、企業のホームページ上に掲載されている採用情報では、自分が希望する職種を募集しているケースがあります。(※逆のパターンもあり)
また、企業の情報をしっかりと下調べした状態でブースを訪れると、採用への意欲が強いと考えてもらえる場合もあり、何も調べない状態でブースを訪れるのとでは、採用担当者への印象が全く違ってくる、という点も覚えておきましょう

ポイント2 午前中に行く

転職イベントは朝から夕方頃まで開かれていますが、午前中(※できれば朝一)に行くのがおすすめ。午前中であれば、企業の採用担当者も疲れていないので、きちんと話を聞いてくれるというメリットがあります。また、早い時間に行くことで、「その企業に興味がある、熱意がある」というアピールにも。
午後になると、転職イベント自体の来場者も増え、企業ブース(※人気企業の場合は特に)も混む傾向にあるので、転職イベントの開始と同時に、まずは一番気になっている企業の話を聞きに行きましょう。

ポイント3 企業との出会いの場だと考える

転職は、巡り合わせによる運の要素が大きいのもまた事実です。情報収集を主な目的として転職イベントに参加したとしても、ちょっとしたきっかけで、今まで知らなかった素晴らしい企業や、自分に縁のある企業と出会えるケースも少なくありません
転職イベントに出かける際は、新しく興味を持つ企業や自分と縁のある企業に出会えるかもしれないということを、念頭に置いておくと良いでしょう。
また、少しでも気になる企業を見つけたら、ブースを訪問し、採用担当者から話を聞くのもおすすめです。

まとめ

「転職イベントの服装とブース訪問のポイント」特集はいかがでしたか。
それぞれのポイントをしっかりと押えた上で転職イベントに参加することで、転職に関する貴重な情報を得ることができ、今後の転職活動に役立てることが可能です。
また、転職イベントを通して、今まで知らなかった企業との新たな出会いがある点も転職イベントの魅力の一つです。
転職イベントで得た情報や縁をきっかけに、転職活動成功に向けての一歩を踏み出しましょう。

転職イベントを開催しているおもな転職サイト&人材紹介会社

転職イベントのリーディングカンパニー

DODA(デューダ)画像

DODA(デューダ)

インテリジェンスが運営する転職サイト&人材紹介会社。転職イベントは、全国4か所(東京、大阪、名古屋、福岡)で定期的に開催している。
DODAのWebサイト上で事前登録をすると、開場15分前の優先入場やAmazonギフト券プレゼント等、お得な特典が付帯。参加企業も多いので、ぜひチェックしておきたい転職イベントの一つ。

おもな転職イベントの開催エリア 東京 大阪 名古屋 福岡

転職イベントの最新情報はこちらをチェック

適職フェアを定期開催する転職イベントの老舗

@type画像

@type女の転職@type

エンジニア転職に強みを持つ転職サイト。女性の転職に特化した「女の転職@type」も運営している。「@type」ではエンジニアやITコンサルタントを対象とした「エンジニア適職フェア」を、「女の転職@type」では女性を対象とした転職イベントを開催している。特に、「女の転職@type」の転職イベントでは、来場者プレゼントやカフェコーナーなど、女性に嬉しいサービスも。

おもな転職イベントの開催エリア 東京

転職イベントの最新情報はこちらをチェック

転職支援実績No.1。個別の転職イベントに強み

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

豊富な求人数と高い転職支援実績を誇るリクルート運営の人材紹介会社。個別の企業説明会や業界・業種ごとに分かれたセミナー&合同説明会の転職イベントを定期的に開催している。希望する業界・職種の転職イベントがある際は上手く活用したい。

おもな転職イベントの開催エリア 東京 名古屋 大阪

転職イベントの最新情報はこちらをチェック

独自求人が豊富な転職サイト&人材紹介会社

マイナビ転職画像

マイナビ転職マイナビエージェント

「マイナビ転職」は大手人材サービス・マイナビ運営の転職サイト。転職イベントは、東京・大阪・名古屋などの主要都市で開催され、幅広い業界・職種の企業が参加する
また、「マイナビエージェント」では、業種別の転職相談会を開催。各業界・業種の転職事情や今後の動向を詳しく知りたい人はチェックしておくと良いだろう。

おもな転職イベントの開催エリア 東京 大阪 名古屋 札幌 福岡 広島 岡山 仙台 静岡

転職イベントの最新情報はこちらをチェック

20代の既卒・第二新卒向け転職サイト

Re就活画像

Re就活

20代向けの求人情報を扱う転職サイト。第二新卒・既卒向けの求人も取り扱っている。
転職イベントは合同説明会を全国6か所(東京、大阪、名古屋、福岡、京都、札幌)で開催。参加企業はサービス・販売・メーカーが多く、若手採用に積極的な企業が集まるため、20代の転職者は要チェック

おもな転職イベントの開催エリア 東京 大阪 名古屋 仙台 福岡 京都 札幌

転職イベントの最新情報はこちらをチェック