長引く転職活動に疲れた人へ向けて、上手くいかない理由の探し方を紹介

転職活動 疲れた

転職相談.jp

ホーム > 転職活動に疲れた時は

転職活動に疲れた時は

内定がなかなか出ない状況や、仕事をしながらの転職活動が続くと、疲れがでてくるもの。求人のチェックや職務経歴書の作成、面接の日程調整、セミナーへの参加など、時間とエネルギーが必要な転職活動が長引けば、誰しもが疲れたと感じるはずです。また、内定が出ないことで焦りが出て、受ける企業を増やし対策が間に合わず、さらに転職活動が長引くという悪循環に陥ることも。

―― 疲れたときは、休んでも大丈夫

そんな時は、思い切って一度転職活動をお休みするのも1つの手です。よほど追い詰められた状況でない限り、焦って転職活動をする必要はありません。自分を必要以上に追い詰めないようにしましょう。
また、休むことで頭がリセットされ、転職活動に疲れている状態よりも冷静な判断が可能になります。むやみに疲労が溜まった状態で転職活動を続けるよりも、疲れを取り払い、しっかりと転職活動に取り組むことが大切です。

―― 上手くいかない理由を発見しよう

とにかく様々な求人に応募し続けるのではなく、一度立ち止まって「なぜ転職活動が上手くいかないのか?」を考えることも必要。根本的な問題を発見、解決することで、転職活動が以前よりも上手くいくはずです。

以下に紹介する3つのポイントを活用して、転職活動が上手くいかない理由を探し改善につなげましょう!

転職活動が上手くいかない理由は…

転職活動が上手くいかない場合、理由は以下の3つが考えられます。

  • 志望動機がハッキリしていない
  • 自己アピールが上手くできていない
  • 志望業界・条件がマッチしていない

しかし、自分だけで考えていても、上手く自分のアピールポイントを伝えられているのか、自分の性格や経歴・スキルとマッチした業種に応募しているのか等、客観的に判断できる人は多くありません。以下に、チェックするべきポイントと活用できるサービスを紹介しているため、それぞれ確認してみましょう。

◆自分の市場価値や、他の転職事例を知る

自分の適正年収以上の仕事にばかり応募している場合、内定をすぐに獲得するのは難しいと言えます。転職先を選ぶときは、給与や応募資格等の条件が今の自分に合っているか、持っているスキルを活かせる仕事か等を基準に選びましょう。また、自分と同じような職種・業種の人がどのような会社に転職したかを知ることができると、身についているスキルの活かし方のヒントになるため、それを参考にするのも1つの方法です。

おすすめのサービス

MIIDAS(ミーダス)画像

市場価値・適正年収を知るなら… MIIDAS(ミーダス)

パーソルキャリアが運営する転職サイト。生年月日やこれまでに身につけたスキル、前職での経験などを入力すると、想定されるオファー年収や、年収別・業種別・職種別で自分に届くオファーを見ることができる。診断の段階では登録をする必要がなく、誰でも利用可能。無料登録をすると、自分と似た経歴を持つ人がどのような業種に転職したのかを確認できるほか、書類審査を通過した状態から選考がスタートする面接確約オファーが届く。適正年収を知りたい人や、転職活動を効率化したい人に、おすすめの転職サイト。

このサイトへ行く

第三者の意見を聞く

自己アピールの文章や志望動機など、自分ではしっかりアピールできた!と思っていても、第三者には、何が言いたいのか伝わらない、志望理由に説得力がない…という印象を与えてしまうのは、よくあることです。しかし、知り合いや友人、家族にチェックしてもらうのは「気恥ずかしい」などの理由でハードルが高く感じられる人も少なくないでしょう。また、転職の経験が少ない相手の場合、「どう直したらいいか」というところまで言及できるケースは多くありません。

そのようなときにおすすめなのが、人材紹介会社の利用です。人材紹介会社では、プロのキャリアアドバイザーが1対1のカウンセリングを実施しています。職務経歴書の書き方や、面接で使えるテクニック等の客観的なアドバイスをもらえるため、その後の転職活動にも活かすことが可能。さらに、非公開求人も含めた企業の紹介も受けることができます。面接になかなかたどり着けない人や面接で上手く自己PRができない人、企業選びに自信がない人におすすめのサービスでしょう。

おすすめの人材紹介会社

パソナキャリア画像

パソナキャリア

パソナが運営する人材紹介会社。求人数は3万件以上、転職支援実績は25万人と業界トップクラスの数を誇る。パソナキャリアの最大の特徴は、各キャリアアドバイザーの専門性の高さ。Web系から不動産、医療など各分野に特化したキャリアアドバイザーが在籍し、希望の業種への転職に関するアドバイスを受けることができる。1対1のキャリアカウンセリングや職務経歴書の作成、面接対策など様々なサービスを無料で提供。利用者の年収アップ率も67.1%と高め。転職活動で悩んでいる人に、おすすめの人材紹介会社。

このサイトへ行く

リクルートエージェント画像

リクルートエージェント

リクルートグループが運営する人材紹介会社。リクルートエージェントの特徴は、業界最大級の非公開求人の多さ。一般の求人サイトには掲載されていない10万件以上の非公開求人を取り扱い、リクルートエージェントでしか応募できないものが多数ある。キャリアアドバイザーとの1対1の面談ではキャリアプランの提案などを受けることが可能。また、在職中で面談に向かう時間がない方も利用できるように、対面だけでなく電話でのサポートも実施している。相談は土日祝日や20時以降も対応。北海道や関西、中四国にも拠点があるため、地方に住む人にも利用できる点が嬉しい。職務経歴書や面接に関するアドバイスももらえるので、転職に難しさを感じている人におすすめの人材紹介会社と言えるだろう。

このサイトへ行く

転職イベントに行ってみる

また、大手企業や特定の業種のみ等の偏った応募の仕方をしている場合も、不採用が続く一因かもしれません。大手企業にのみ応募している場合、倍率が高くなるため自然と内定も出にくくなります。また、特定の業種に絞った応募も、求める人物像との差が大きい場合、内定を獲得するのは難しいと言えるでしょう。

そんなときは、1度他の企業や業種にも目を向けてみましょう。求人サイトをチェックするのも1つの手ですが、最も効率が良いのは転職イベントに参加することです。転職イベントでは、エントリーシートを事前に、もしくはその場で作成し、気になる会社の説明会に参加することが可能。様々な企業を気軽に見ることができるだけでなく、採用担当者と直接話せる貴重な機会です。また、企業やイベントによっては、イベント参加者を対象に特別な選考フローを設けているところもあるため、気になる人は1度参加してみるのがおすすめ。

おすすめの転職イベント

DODA画像

デューダ(DODA)

大手総合人材サービス会社のパーソルキャリアが運営する転職サイトDODAが開催する転職フェアは、東京・名古屋・大阪・福岡の4ヵ所で開催され、富士通や楽天といった大手企業も出展する。2014年に実施した来場者アンケートによると、来場者の91%が転職フェアに満足しており、さらに85%が応募したい企業を見つけている。採用担当者と直接話ができるだけでなく、自己分析や面接対策についての講演会なども実施されているため、参加する価値のある転職イベントだと言えるだろう。

このサイトへ行く

まとめ

転職活動に疲れたときは、無理をせず1度休むことも大切。
また、転職が上手くいかない理由を分析し、周囲の人や転職のプロであるキャリアアドバイザーの意見を新たに取り入れることや、それまで考えたことのなかった、新しい企業を視野に入れることも重要です。無理をせず、できるペースで転職活動をすすめましょう。