40代で転職するならどんな資格があると有利?未経験の仕事で内定を獲得する方法とは?

40代の転職が有利になるおすすめの資格と未経験の仕事に転職する方法・メインイメージ

求められる能力が増え、転職が難しくなる40代。転職が有利になるおすすめの資格とは?

一昔前とは異なり、ビジネスパーソンの転職がめずらしくない現在、40代の転職も増えています。
とくに、新型コロナウイルスの影響で、40代の方でも「今の仕事の将来性に不安がある」「景気に左右されない仕事に転職したい」「感染リスクの少ない地方で働きたい」などの理由から転職を考えている方は多いでしょう。

40代で未経験の仕事への転職は難しい?

未経験の業種・職種に転職する場合、もっとも有利なのは言うまでもなく20代です。社会人としてのキャリアこそ少ないものの、やる気や熱意、学習能力や柔軟性の高さ、時代への感度といった潜在能力(ポテンシャル)を評価されることが多く、未経験の仕事であっても、成長力を期待されていることが理由です。
40代になると、このようなポテンシャルを重視した採用は減り、やる気に加え実績と経験が求められるようになります。未経験の職種への転職は、若い世代と比較すると、どうしても不利な一面があることは覚悟しておく必要があります。

その上で40代が未経験の仕事への転職を目指すのであれば、役立つのが資格取得です。採用の現場では、資格を持っていることが、知識やスキル、目に見えるかたちでの努力・熱意などをアピールすることにつながります。
転職でもっとも重視されるのは「経験」ですが、実務未経験という武器を利用できない未経験の仕事に転職する場合は、資格にも注目してみましょう。

そこで今回は、40代の転職が有利になるおすすめの資格を厳選してご紹介。
40代のビジネスパーソンが未経験の仕事への転職を成功させるための方法についても解説します。

40代の転職が有利になるおすすめの資格 その1
介護職員初任者研修

介護士・イメージ

少子高齢化の影響もあり、介護業界は数ある仕事の中でも、とくに人手不足が深刻な業界です。求人倍率も全業種平均の約2倍※と高い水準で推移しており、通年採用を行っている施設・事業所がほとんど
未経験者の採用も積極的に行っているため、40代の転職では有力な選択肢のひとつと言えるでしょう。
給与水準の低さがネックとなる介護職ですが、介護の資格を取得することで資格手当が上乗せされるため、本気で転職を目指す場合は取得しておくと良いでしょう。
介護のキャリアのスタート資格となる「介護職員初任者研修」であれば、誰でも受験でき難易度も低くおすすめです。

※介護人材確保対策 (参考資料)厚生労働省【PDF】

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修は、要介護者・要介助者の食事介助・入浴介助・排泄介助といった身体に触れる介護(身体介護)をするために必要な、介護のスタートラインとなる資格です
取得するには、座学と実技を合わせた計130時間の講習を受講したあと、筆記試験・実技試験を受けて合格ラインに達することが必要。

座学では、介護職や介護保険制度への理解、介護におけるコミュニケーション、老化のしくみや認知症などを、実技ではベッドメイキングや衣類の着脱、車いすへの移乗、歩行介助などを学びます。

「介護職員初任者研修」の修了者は、実務経験3年を積み、上位資格の「介護福祉士実務者研修」を修了すると、国家資格である「介護福祉士」の受験資格を得ることができます。
介護職員初任者研修を修了することで「介護福祉士実務者研修」の一部が免除となるため、介護業界で本格的に働いていく場合は取得しておきたい資格です

介護職の転職に強いおすすめの転職エージェント

介護職に特化した求人を取り扱う転職エージェント。無料会員登録すると、担当の人材コンサルタントが転職の不安や疑問、勤務地・待遇などの希望条件をヒアリングし、条件に合った求人を紹介してくれる。また、応募書類作成時のアドバイスや面接日程の調整といった転職サポートも提供。取り扱う求人は10万件以上で全国対応。未経験者OKの介護求人も多い
実際にサービスを利用したユーザーの満足度は95%を超えており、介護業界への転職を検討する際はチェックしておきたい転職エージェントだろう。

40代の転職が有利になるおすすめの資格 その2
普通自動車免許

車の運転・イメージ

業務の一環として車を使用する職種は少なくありません。未経験者がチャレンジしやすい「営業」や「警備員」は、応募資格として普通自動車免許(車の運転ができる方)が条件となっているケースが多くなります。地方への転職を希望する場合は、さらに自動車免許の需要が高まるでしょう。
同じく未経験者にも広く門扉をひらいている職種のひとつ「宅配ドライバー」も、普通自動車免許は最低限の必要資格です。宅配ドライバーの場合、そこからさらに配送車の種類によって中型・大型免許などを追加で取得していきますが、応募時点では普通自動車免許を持っていれば応募可としているところが一般的。
なお、営業車はMT(マニュアル)車の場合もあるため、新たに取得する場合はAT(オートマ)限定は避けたほうが無難でしょう。現在、AT限定の普通自動車免許を所持している場合は、最寄りの教習所で技能講習を受けることでAT限定を解除できます。

普通自動車免許とは?

普通自動車免許は、道路交通法によって規定される、普通自動車を運転するための資格(国家資格)です。普通自動車とは「車両総重量3,500kg未満」「最大積載量2,000kg未満」「乗車定員10人以下」の条件を満たす、すべての車両を指します。
取得可能年齢は満18歳以上。

取得するには、①運転免許試験場で適性試験・技能試験・学科試験を受験する方法、②都道府県が指定した「指定自動車教習所」で卒業検定まで完了し、適性試験と学科試験のみを運転免許試験場で受験する方法があり、②のほうが一般的です。
また、②のルートのひとつで、地方の指定自動車教習所に入所し、ホテルなどに滞在しながら2週間前後で普通自動車免許を取得する「合宿免許」もあります。近隣の指定自動車教習所で取得するよりもスピーディーかつ安価に取得できる場合も多く、長期休暇中の学生や社会人に利用されています。

営業や警備の仕事に強いおすすめの転職エージェント

リクルートグループが運営する業界最大手の転職エージェント。ほぼすべての業界・職種を取り扱い、求人数・転職実績ともにトップクラス。大企業・中小企業・ベンチャー・外資系など、幅広い企業にコネクションを持っている。
とくに営業職、エンジニア・SE職、MR職などに強く、警備会社や運送会社の求人も多め。
転職をサポートするキャリアアドバイザーは、それぞれの業界に精通したプロフェッショナルが担当し、希望に沿った求人を紹介してくれる他、応募書類作成時のアドバイスや模擬面接、今後のキャリア相談など、転職回りの困りごとに幅広く対応してもらうことができるだろう。

40代の転職が有利になるおすすめの資格 その3
高度情報処理技術者

キーボードを打つ手・イメージ

SEやプログラマーといったIT業界の職種も、人手不足感が強く、未経験から目指すことが可能な仕事のひとつです。コロナ禍によって電子化とオンライン化の流れが加速したことをみても、IT業界が時代のニーズに応える、伸びしろの大きい分野であることは間違いないでしょう。

ただしIT業界への転職も、採用の傾向としては、やはり20代が有利です。業界全体の特徴として技術進歩が激しく、常に学び続ける姿勢が求められるため、向き不向きが分かれます。
40代未経験からIT業界を目指す場合は、プログラミングスクールなどで自分が興味のあるプログラミング言語を学ぶと同時に、IT資格の取得も視野に入れておくと良いでしょう

IPA(情報処理推進機構)が実施するITの国家資格には、スキルレベル1からスキルレベル4までの4段階があり、IT業界ではレベル2(基本情報技術者試験)以上の資格が求められます
とくに難易度が高いスキルレベル4の「高度情報処理技術者」資格は、取得することで専門分野に関する高い知識・スキルを証明することができます。

高度情報処理技術者とは?

高度情報処理技術者は、IPAが実施するスキルレベル4のIT資格の総称です。高度IT人材向けの資格として、専門分野ごとに下記の8種類の試験があり、いずれも難易度は高め
いきなりチャレンジするよりも、基本情報技術者(スキルレベル2)や応用情報技術者(スキルレベル3)を取得してから段階的に取得していくのが一般的です。
その一方で、すでにIT業界や電機業界、自動車業界などで一定のキャリアを積んできた場合は、スキルの証明として取得しておくと有利でしょう。

ITストラテジスト試験 ITコンサルタントや、企業のCIO、CTO向けの資格。論文試験が課される
プロジェクトマネージャ試験 システム開発のプロジェクトマネージャー向け資格。論文試験が課される
システムアーキテクト試験 システムエンジニア向けの資格。論文試験が課される
ITサービスマネージャ試験 ITサービスマネジメントの成功事例を問う資格。論文試験が課される
ネットワークスペシャリスト試験 ネットワークエンジニア向けの資格
データベーススペシャリスト試験 データベースエンジニア向けの資格
エンベデッドシステムスペシャリスト試験 組み込み系エンジニア向けの資格
システム監査技術者試験 情報システムの外部監査を行う専門家向けの資格。論文試験が課される

IT業界の転職に強いおすすめの転職エージェント

レバレジーズが運営するITエンジニアの転職支援に特化した転職エージェント。登録から内定獲得まで最短1週間というスピーディーな転職サポートが強み。
転職をサポートするコンサルタントは、担当企業を定期的に訪問し、現場の実務内容や求める人物像などをヒアリング。企業と信頼関係を築くことで選考の短縮化を可能にしている。
実務未経験でも応募可能な求人も取り扱っているので、IT業界への転職を考えている場合は登録しておきたい。

40代で未経験の仕事に転職するときのポイント、転職理由と志望動機

転職理由と志望動機・イメージ

転職で重視されるのが「転職理由」と「志望動機」です。未経験の仕事の場合はとくに、なぜこの仕事をしたいと思ったのか、どうしてこの会社を志望したのかを深く掘り下げて、応募書類や面接できちんと答えられるようにしておきましょう。
応募者に対して企業側がチェックするポイントは、採用後にきちんと仕事を覚え、戦力となってくれる相手かどうか(やる気はあるか、基本的なスキルがあるか、すぐ辞めてしまわないかetc.)です。

また、企業の中には、社風に合いそうか(一緒に働きたい相手か、他メンバーとの協調性etc.)を重視するところもあるでしょう。
採用側の立場で、どのような仕事のできる、どのような人物を求めているかを考えてみると、応募書類に書く志望動機や面接での受け答えの内容について見当をつけられるでしょう。加えて、その企業が自分に合っているかどうかも見きわめやすくなるはずです。

転職理由のポイント

  • 志望先の業界・職種を選んだ理由(自分の興味ややりたいこと、強みを分析する)
  • 未経験のハンディキャップを埋めるために行っていること(スキルアップ、資格の勉強など)

志望動機のポイント

  • その企業に魅力を感じた理由を分析する(職務内容をよく調べ、興味を抱いた点ややってみたいことを伝える)
  • キャリアプランを説明できるようにする(仕事で実現したいこと、将来のビジョンなど)
  • 自分が貢献できることを考える(過去のスキル・経験・実績のなかで応募先の業務に役立てそうなこと、短期で即戦力となるためにやっていきたいこと)

転職がメジャーになった現在でも、未経験の仕事への転職は、年齢とともにハードルが上がる傾向にあります。
40代の転職では、20代・30代も同じポジションを狙うライバルです。長期戦になることを覚悟したうえで、「資格取得などの具体的な行動をとる」「転職理由や志望動機を練り込む」「転職エージェントのコネクションや情報網を頼る」など、できることを複合的に進めていくと良いでしょう。

今回ご紹介したおすすめの資格や転職のポイントも参考に、自分の興味がある分野への転職を成功させましょう!

40代の転職に関するQ&A   40代の転職が有利になるおすすめの資格と未経験の仕事に転職する方法

Q1. 介護職員初任者研修とは?
介護職員初任者研修は、要介護者・要介助者の食事介助・入浴介助・排泄介助といった身体に触れる介護(身体介護)をするために必要な、介護のスタートラインとなる資格です
取得するには、座学と実技を合わせた計130時間の講習を受講したあと、筆記試験・実技試験を受けて合格ラインに達することが必要。
座学では、介護職や介護保険制度への理解、介護におけるコミュニケーション、老化のしくみや認知症などを、実技ではベッドメイキングや衣類の着脱、車いすへの移乗、歩行介助などを学びます。
Q2. 普通自動車免許とは?
普通自動車免許は、道路交通法によって規定される、普通自動車を運転するための資格(国家資格)です。普通自動車とは「車両総重量3,500kg未満」「最大積載量2,000kg未満」「乗車定員10人以下」の条件を満たす、すべての車両を指します。
取得可能年齢は満18歳以上。
取得するには、①運転免許試験場で適性試験・技能試験・学科試験を受験する方法、②都道府県が指定した「指定自動車教習所」で卒業検定まで完了し、適性試験と学科試験のみを運転免許試験場で受験する方法があり、②のほうが一般的です。
Q3. 高度情報処理技術者とは?
高度情報処理技術者は、IPAが実施するスキルレベル4のIT資格の総称です。高度IT人材向けの資格として、専門分野ごとに下記の8種類の試験があり、いずれも難易度は高め
いきなりチャレンジするよりも、基本情報技術者(スキルレベル2)や応用情報技術者(スキルレベル3)を取得してから段階的に取得していくのが一般的です。
その一方で、すでにIT業界や電機業界、自動車業界などで一定のキャリアを積んできた場合は、スキルの証明として取得しておくと有利でしょう。

written by Naoko Nagao