ホワイト企業の探し方と見つけ方とは?転職を成功させよう

ホワイト企業の探し方と見つけ方とは?転職を成功させよう・メインイメージ

「労働時間が長く、業績に不安があるため転職を考えている」、「職場の人間関係に問題があり、体調を崩した」等、現在の職場環境や働き方に悩み、転職を考えている方は少なくありません。転職理由が職場環境にある方は、転職先の基準に「ホワイト企業であること」を希望しているはずです。

一方で、ホワイト企業とは実際はどのような企業なのか?ホワイト企業をどうやって探し、自分にあった企業を見つければ良いのかがわからないという方も多いでしょう
そこで、今回の転職相談では「ホワイト企業へ転職する方法」に注目。ホワイト企業とはそもそもどのような企業なのか、その特徴について解説します。また、自分に合ったホワイト企業の探し方と見つけ方も解説。さらにホワイト企業を探すのに役立つ、おすすめの転職サイトや転職エージェントも厳選し紹介しています。

ホワイト企業への転職を成功させたいと考えている方は、最後までチェックしてみてください!

ホワイト企業に転職したい方へ
ホワイト企業とは?

ホワイト企業・イメージ

ホワイト企業に転職したいと考えている方の中には、そもそもホワイト企業とはどのような企業なのか、具体的なポイントを知らないという方も多いはず。
まず、ホワイト企業とはどのような企業なのか、一般的な特徴をチェックしておきましょう。

ホワイト企業とは?

「ホワイト企業」には、実は明確な定義はありません。一般的にホワイト企業と呼ばれる企業にはいくつか共通した特徴があり、従業員にとって良好な職場環境が確保されている企業を「ホワイト企業」と呼んでいます

基準は人によって異なりますが、「働きやすい企業」であることが、ホワイト企業が持つ共通点と言えるでしょう。

ホワイト企業の特徴

「ホワイト企業」と呼ばれる企業には、一般的に以下のような特徴があります。ホワイト企業を探す際の参考にしてみてください。

  • 労働時間が適正
  • 社員満足度が高く、離職率が低い
  • 福利厚生が充実している
  • 社内の雰囲気や人間関係が良好
  • 年間休日が多く、休暇を取りやすい雰囲気

これらの特徴を持つ企業は、一般的に「ホワイト企業」と呼ばれており、働きやすい職場として評価されています。
その一方で、「働きやすい」と感じる基準や条件が人によって異なる点には注意が必要です
次のチャプターでは、自分に合ったホワイト企業の探し方についてチェックしてみましょう。

ホワイト企業の探し方
ホワイト企業に転職する方法は?

車の運転・イメージ

ホワイト企業への転職を目指すのであれば、自分にとってのホワイト企業の基準を見極め、求人を探すことが大切です。以下に、ホワイト企業の具体的な探し方と見つけ方を解説します。

ホワイト企業探しの基準を作る

一般的に「働きやすい」とされる職場にはいくつかの特徴はありますが、働きやすさの基準は個人によって異なります。自分に合ったホワイト企業を見つけるためには、自身にとっての「ホワイト企業」の基準を明確にすることが重要です。

そのためには、転職を希望する業界や職種に加え、将来のキャリアプラン、働き方、給与、福利厚生、ワークライフバランスなど、自分の中で重視したい職場の条件を掘り下げ、明確にしましょう。自分にとっての「ホワイト企業」がどのような労働環境を指すのかはっきりとさせることで、求人選びの際にホワイト企業を見つけることが容易になります。
また、希望する条件に優先順位をつけることも大切です。希望する労働条件をリスト化し、自分にとって何が一番重要か優先順位をつけて整理してみましょう。その際には、譲れない条件と妥協できる条件を分類しておくことも重要なポイントです。

何を重要視するかによって、自分にとってホワイトな環境は異なります。ホワイト企業探しに取り組む段階で、まずは自分の「ホワイト企業」はどのような職場を指すのかを考えてみましょう。

ホワイト企業の見つけ方

ホワイト企業を見つけるには、自分で整理した条件に従って求人をしっかりと精査することが重要です。その一方で、求人は山ほどあり、どのように自分にとってのホワイト企業を見つける方法がわからないという方も多いはず。
以下では、一般的な基準を満たし、働きやすいと評価されている企業や優良企業と呼ばれる企業を見つける方法を解説します。ホワイト企業の見つけ方がわからないという方はチェックしてみてください。

ホワイト企業の見つけ方(1)
「ホワイト企業大賞」、「働きがいのある企業ランキング」などのランキングをチェックする

ホワイト企業を見つけたいと考えている場合、まずはビジネス誌や転職口コミサイトがおこなっている、社員の満足度や働きがいについての企業ランキングをチェックし、相対的に働きやすいと評価されている企業を見つける方法があります。
ただ、このようなランキングに掲載されているのは、主に大企業のみ。中小企業・ベンチャー企業を転職の視野に入れる場合は、後述する転職サイトや転職エージェントの活用が欠かせません

ホワイト企業の見つけ方(2)
厚労省認定マークを取得した優良企業をチェックする

ホワイト企業の見つけ方としては、厚労省の認定マークを取得した優良企業をチェックするという方法も
例えば、厚生労働省が2015年から開始した「安全衛生優良企業公表制度」では、働きやすい環境づくりに取り組んでいる企業を認定し、「ホワイトマーク」を付与しています。ホワイトマーク認定には、過去3年間の労働関係法令に違反がないことや、労働者への過重労働防止対策、メンタルヘルス対策などを積極的に行っていることが条件。職場環境が整理されていることの一つの指標として、ホワイトマーク認定企業をチェックしてみるのも良いでしょう
また、ホワイトマークのほかにも、「子育てサポート企業」として優良な企業を認定する「くるみんマーク」「プラチナくるみんマーク」、女性の活躍に関する状況が優良な企業を認定する「えるぼし」、若者の採用・育成を積極的に行っている優良企業には「ユースエール」など、厚生労働省による様々な認定マークがあります。
自分が希望する条件に合わせて、これらのマークを取得している企業を中心に、自分に合ったホワイト企業を探してみるのも良いでしょう。

ホワイト企業の見つけ方(3)
就職四季報をチェックする

ホワイト企業に転職したいと考えている場合、企業の離職率や有休消化率も気になるもの。このようなデータは、『就職四季報』をチェックすることで入手することができます。『就職四季報』に掲載されている企業の、「3年後離職率」、や「有給消化年平均」、「平均年収」、「残業時間」などを確認してみましょう。これらは、データとして働きやすい職場であるかという一つの判断材料となります。企業がホームページやパンフレットに書いていないデータが詳細に記載されているため、転職希望先の企業が掲載されている場合もチェックしておくと良いでしょう。

ホワイト企業の見つけ方(4)
転職口コミサイトをチェックする

ホワイト企業を見つけるには、「Vokers」や「転職会議」などの転職口コミサイトで、退職者の口コミをチェックするのも有効です。転職口コミサイトは、匿名性の高いネット掲示板と異なり、会員登録が義務付けられているものがほとんど。勤務先などの個人情報の登録が必要となるサービスでは、比較的信頼度の高い情報を収集することができるでしょう。

ホワイト企業の見つけ方(5)
転職サイト・転職エージェントで見つける

ホワイト企業は、転職サイトや転職エージェントを活用することでも見つけることができます。転職サイトでは自分の希望条件を細かく指定し検索できる機能があり、「年間休日日数」や「残業時間」などを設定することで、ホワイト企業を検索可能です。
また、転職エージェントに登録すると、担当のキャリアアドバイザーに、人間関係や職場の雰囲気等、自分なりのホワイト企業の条件を聞くことで、求人票に記載されていない現場の事情をキャッチすることもできます。求人票の情報や外部データだけではわからない職場環境を知り、転職を検討したいと考えている方は、転職エージェントを賢く利用し、転職活動を進めると良いでしょう

次のチャプターでは、ホワイト企業を見つけるのにおすすめの転職サイト・転職エージェントをご紹介します。これから転職活動を始めようと考えている方や、ホワイト企業を見つけたいと考えている方は、最後までチェックしてみてください。

ホワイト企業への転職を成功させよう
おすすめの転職サイト・転職エージェント

キーボードを打つ手・イメージ

ホワイト企業への転職は、求人数が多く、優良企業の求人を多く取り扱う転職サイトや転職エージェントを活用することがキーポイント。以下は、ホワイト企業への転職に強いおすすめの転職サイト・転職エージェントです。ホワイト企業への転職を成功させたいと考えている方は、しっかりチェックしておきましょう。

ホワイト企業への転職に強い転職サイト

リクナビNEXTは、求人数・利用者数ともにトップクラスを誇る、転職サイトの最大手。求職者の約8割が登録しており、取り扱う業種や職種も幅広い。
リクナビNEXTの特徴は、豊富な求人数の中から、自分にあったホワイト企業や評判の良い優良企業を検索しやすい点。リクナビNEXTでは、求人検索の際に、働き方に基づいた企業の絞り込みができる。「休暇の特徴」、「勤務時間の特徴」、「賃金の特徴」などの中からさらに細かく条件を指定し、求人を検索可能。また、「みんなが転職を検討している企業ランキング」などの特集もあり、競争率は高いが働きやすい優良企業を見つけやすい仕組みとなっている。
さらに、スカウトサービスにも力を入れており、月間560万通以上のスカウトメールを配信。登録したWeb履歴書をもとに幅広い企業からスカウトメールが届くため、想定していなかった業界・職種の求人などに出会い、転職の選択肢を広げることができる点も大きな魅力。
リクナビNEXTは自己応募型の転職サービスであるため、自分にとっての「ホワイト企業」の基準や、将来のキャリアプランや人生プランなど、転職活動の方向性が固まっており、自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめ。

リクナビNEXTと合わせて転職エージェントを利用したい方は

リクナビNEXTと合わせて転職エージェントサービスを利用したい方は、「リクルートエージェント 」に登録し、プロのキャリアアドバイザーから非公開求人の紹介や転職活動の支援を受け、より効率的に転職活動を進めるのも良いだろう。リクルートエージェントは、プロのキャリアアドバイザーによる非公開求人の紹介や、キャリアカウンセリング、模擬面接や応募書類の添削など、対面型の転職支援サービスを提供する国内最大手の転職エージェント。会員登録する事で、志望業界・職種に関する専門的な知識を持ったキャリアアドバイザーから、求職者の希望や適性を考慮した求人を紹介してもらうことができる。

外資系ホワイト企業への転職に強い転職サービス

エンワールドは、エン転職を運営する「エングループ」による外資系転職サイト。日系の外資系転職サイトの中ではトップクラスの規模を誇っている。
エンワールドの魅力は、外資系企業の求人はもちろん、グローバル展開している日系企業の求人を幅広く取り扱っている点。特に大企業への転職支援に圧倒的な強みをもち、優良なホワイト企業の求人に強い。また、インターブランド社が公表している優れたグローバル企業のランキング「Best Global Brands 2017」トップ100社のうち、93社へ転職を成功させた実績を有している点も大きな魅力。
外資系企業または日系グローバル企業への転職を目指しつつ、働きやすい環境の企業を探している方であれば、エンワールドは利用を検討する価値がある転職サイトだろう。

Column ブラック企業の見分け方

「ブラック企業」とは、「労働環境が劣悪な企業」のこと。ホワイト企業と同じく、実は具体的な数字等の基準はなく、その定義は曖昧です。その一方で、ブラック企業と呼ばれる企業にも一般的な特徴があります。
ブラック企業の一般的な特徴は、極端な長時間労働やノルマを課す、賃金不払い残業やパワハラ・セクハラが横行している等、極度に働きにくい環境である点。労働者にとって劣悪な環境であれば、「ブラック企業」と言えるでしょう。
ちなみに、ブラック企業と呼ばれる、労働環境が劣悪な企業を見分けるには、以下の方法があります。

求人でチェックする
年中求人広告が出ている、年間休日数が少ない、年収のモデルケースが広すぎる、応募のハードルが低すぎる等のポイントがないかで見分ける。
就職四季報で「3年後離職率」、「離職率と離職者数」、「平均勤続年数」をチェック
継続して働きやすい職場かどうか、数字データで見分ける。
退職者の口コミをチェックする
「Vokers」や「転職会議」などの転職口コミサイトで退職者の率直な口コミから見分ける。

ブラック企業の特徴や見分け方も知っておくことで、求人を選ぶ際の一つの判断基準となります。ホワイト企業に転職したいと考えている方は、ブラック企業の見分け方についてもチェックしておくと良いでしょう。

ホワイト企業の探し方と見つけ方とは?転職を成功させよう
まとめ

ホワイト企業とは、一般的に「働きやすい職場」のことを表しますが、「働きやすさ」については個人によってその条件や環境は異なります。ホワイト企業への転職を目指す際は、自分が職場の環境や働き方、ワークライフバランスなどに何を求めているか、将来のキャリアプランについてどのように考えているか等を明確にし、希望の条件や優先事項を明確にしたうえで、自分に合った転職先を見つけることが大切です。
ホワイト企業への転職を成功させたいと考えている方は、本特集を参考に、自分に合った環境の職場を見つけ、転職を成功させましょう!

written by Saki Nishiyama