激務の職場へ突然の異動、転職すべき?

激務 異動 転職

転職相談.jp

ホーム > 転職相談室 > 激務の職場へ突然の異動、転職すべき?

転職相談室

Question

楽な職場から激務の職場へ異動。転職すべき?

はじめまして。10年間働いた今の組織から転職するべきか、悩んでおります。

今の職場は、待遇や社会的な体裁を重視して選んだため、やりがいはなく、それでも安定した給与と休日取得、そして何より一部の経営層の方々から高い評価をいただいていたこともあり、バランスのとれた日々を送ってきました。

しかし、10月に初めての部署異動があり、状況が急変しました。
部署そのものは特に問題ないのですが、直属の上司一人が大変な業務量をこなしており、私はその上司の直属の部下として異動させられました。平日は朝の3時まで、休日も終日出勤して作業という、そのような環境が組織内にあったことにただただショックを受けました。

業務量と人数が全く妥当でないのは明白なのですが、そこにはその上司の個人的こだわりからの無駄な残業もかなり影響しています。
課内の同僚は皆無視して帰宅している状況で、私の前任者がその上司に付き合ってこの途方もない残業をこなしていたため、上司は当然後任の私にも同じことをさせる方針でいるようで、困惑しております。加えて追い打ちをかけたのが、当方をとにかく監視し、ダメ出しをしたがる上司のパワハラです。

異動したばかりのため、向こう3年は身動きが取れないと言われており、何よりオンオフの切り替えができることに魅力を感じて入社した私としてはモチベーションを維持できていた要素がなくなり、命の危険も感じることから転職を真剣に考えるようになりました。
それでもさらに上の上司に談判して異動願を出すことも考えましたが、私を悩ます要素の一つにとても難しい国家資格の取得を厳命されていることにあるのですが、業務量をむしろ緩和してほしいところに期待を込めて今まで以上に激務な環境を与えられてしまい、年齢的に両親の介護や結婚が重なって手一杯な私は途方に暮れております。

先日、同業界でお世話になった恩師に相談したところ、恩師が人事権を握る組織に枠が空いているため、次年度からの転職を考えてはどうかとのお言葉をいただきました。

当初は研究開発を希望していましたが、最初の一年間は商品の成り立ちをよく知るために製造現場で働き、その後本部に配属されると入社後に研修で説明されました。
正直がっかりしましたが、これも修行だと思って耐えてきました。

先日、研究開発で働く先輩社員とお話しをする機会があり、そこで昇給についてお聞きすることができたのですが、業績を上げてもほとんど昇給しないことがわかりました。十年ほど勤めた役職持ちの先輩社員でも、一年目の私の給与とほとんど変わりませんでした。
この給料では今後の生活が不安であるため、現在転職を考えています。

私としては就職以前より憧れていた教育関連での環境であり、また時間的な余裕もできるため、現状を打開できる最善の案に思えました。ただし、詳細な雇用条件の提示は今月末で、おそらく今より悪くなることは否めません。
ただし、国家資格さえ取れば同業界においてどこへでもやっていける資格にリーチがかかっている私としては、少なくとも数年は国家資格を取れそうもない現状で我慢し、さらに先の見えない組織でくすぶるよりは、このタイミングで勉強に時間を割きながら新たな環境で新しい業務に打ち込んだ方が、長期的に見ても良いのではないかと思っています。

ちなみに、金銭的な面ではこの10年しっかり土台を築いてきたため、全く不安はありません。ただこの10年間やりがいはなくとも、同僚らが声もかけられないような方々に過大な評価をいただいて、ここまで育ててくださった組織に事実上離反することになること、とても高い水準を保っていた収入も大きく下がることへの不安やもったいなさを両親はじめ周囲の知人から説かれ、悩みがより深くなっております。
期待に応えたい一心で文句を言わずに来てしまったためにこのように事態に陥ってしまったわけですが、これから先30年もこのようなことを続けていける自信もなく、第三者の方のご意見を伺いたい所存であります。

長文乱文で大変恐縮ではありますが、アドバイスをいただけますととても嬉しいです。
何卒よろしくお願いいたします。

(30才・まつお・団体職員)

【リクナビNEXT】スカウトメール170万通以上!たくさんの会社があなたの力を求めてます

Answer

回答者 : 転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

まつお 様

ご相談ありがとうございます。転職相談.jp編集長の早川です。

まず率直に申し上げて、まつおさんはこれまで仕事で少し楽をし過ぎてきたのではないかと思います。現在の新しい部署、新しい環境は確かに大変なのだと思います。文章を見る限り、その職場で働き続けるのは確かに難しいでしょう。

ただ同じ会社でそういった現場があることを知らなかったというのは、少し勉強不足ではないかと思います(外部であれ内部であれ、そういう大変な現場はあるものです)し、また以前と同じ職場を求めるのは無理があります。

また長文で詳細をご相談いただいているので、私としては状況を把握しやすく、感謝しておりますが、第三者の立場から率直な意見を申し上げると、いただいたお悩みは下記に集約されるように思います。

  • 仕事はつまらないが、楽で給与がよく評価も高かった
  • 異動があり、仕事が激務に。この厳しい環境では働きたくない
  • 今の職場で異動したいが、難関資格の取得が必要で困難。転職を考えている
  • とはいえ今の職場を離れることには躊躇がある。収入が減るし、周りの人にも反対される

もし間違っている部分があれば申し訳ありませんが、状況を整理し、要約する限り、まつおさんは、全てを求め過ぎではないでしょうか。

端的に言えば、今の職場で今の給与水準を保ち、周りの人たちも納得させたいなら、難関資格にチャレンジし、取得しましょう。そういう課題に取り組んでいる会社員の方はまつおさん以外にもたくさんいらっしゃいます。それ位の努力は必要です。
また、職場環境の問題は常軌を逸しているなら上司に相談しても良いでしょうし、もし毎日平日は朝3時、休日もないなら残業200時間を超えるはずです。それを会社が是正しないのであれば大問題ですので、会社だけではなく、労働基準監督署に相談しても良いと思います。
※それがごくまれに発生するイレギュラーな事項であれば、大きな問題だとは思いません。

どうしても今の状況が嫌なら恩師の職場に転職するのも良いでしょうし、転職活動するのも良いでしょう。ただこれまでぬるま湯につかり、きちんとスキルを磨いてこなかったのであれば、収入が下がるのは当然です。
それが一般的な水準であるなら、そこからスタートし、やりがいのある仕事に取組みながら再度収入アップをめざせば良いのではないでしょうか?

一つだけ言えるのは、以前のようにやりがいがなく、楽な仕事で、評価され、収入が高いというような状況はもうないかもしれないということです。
また、その状況が良いと思っていたかもしれませんが、実はその状況は、まつおさんの長い人生を考えると決してプラスではなかったかもしれないということに、目を向けなければいけないということです。

まず全てを得ることはできないということを認識しましょう。

その上で自分が一番大切にしたいことをしっかり考え、それ以外の項目に関しては、叶えられないものは諦め(もしくはその後達成できるよう努力し)、前を向いて進んでいくことが大切です。
これはとても良いタイミングだと思います。もう一度自分自身のこれから先をしっかり考えてみてください。

それができれば、きっと今の状況を打破し、前を向いて進んでいけるはずです。周りの人の意見は大事ですが、それ以上に大事なのは自分自身の考えです。

まつおさんは、まつおさんの人生を自分の頭で考え、自分の足で歩みましょう。

関連ページ

転職するリスク・しないリスク
…転職の具体的なリスクを解説。また、現在の職場にとどまった場合のリスクも考えます
自分の市場価値がわかるサービス3選
…自分の市場価値を診断し、転職市場でどのように評価されるのかを知っておきましょう

相談室で転職に関する悩みを相談する

無料で相談する
  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
有料で相談する
  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。
※相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。

【転職仲介実績No1】リクルートエージェントの8万件を超える非公開求人から適職を!