カスタマーサポート・ヘルプデスクの転職先と転職を成功させる方法とは?リモートワークで働こう

カスタマーサポート・ヘルプデスクの転職先と転職を成功させる方法とは?リモートワークで働こう・メインイメージ

はじめに

2020年現在、新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、働き方も大きく変化しており、リモートワーク(在宅勤務・テレワーク)を導入する企業が増えています
また、転職市場でも求職者が企業に求める価値観も変化。2020年9月3日に株式会社アイデムが実施した「新型コロナウイルス感染症による仕事探しへの影響調査」では、転職時に重要視したい条件として、47%の方が「リモートワーク(在宅勤務)」と回答しています。
現在、毎日出社して働いているという方の中には、リモートワークで働ける職種への転職を検討しているという方も多いはず。

そこで、今回の転職相談では、リモートワークで働ける職種に注目。その中でも特に人気の高いカスタマーサポートやヘルプデスクへの転職について解説します
未経験からでもリモートワークで働ける職種を探している方や、ヘルプデスクやカスタマーサポート経験者で、リモートワークで働ける職場への転職を考えている方は、転職を成功させる方法とおすすめの業界をぜひチェックしてみてください。

リモートワークで働ける転職先
カスタマーサポート・ヘルプデスクとは?

介護士・イメージ

リモートワークで働ける転職先と聞くと、どういう業界、職種をイメージされますか?
例えば、IT業界ではエンジニアやプログラマーなど、Web業界であればWebライターやWebデザイナーなどの技術職・専門職を思い浮かべる方も多いはず。これらの職種では、新型コロナの影響によりフルリモートで働いている方も多く、「リモートワークで働ける職種」と聞くと目指す方も多いかもしれません。
一方で、これらの専門職はスキルだけでなく、実務経験を必要とされる場合が多いため、転職先としてのハードルが高く、特に未経験の場合は採用が厳しいという現状も

実は、上記の仕事以外にも、リモートワークで働ける職種はたくさんあります。
リモートワークで働ける職種であることを第一条件として転職先を探す場合は、カスタマーサポートやヘルプデスクといった、未経験者も積極的に募集している職種をチェックしてみるのがおすすめです。

それでは、カスタマーサポートやヘルプデスクとは、どのような仕事なのでしょうか?

カスタマーサポートとは?

カスタマーサポートは、企業の窓口となり、顧客からの問い合わせや苦情などに対応する仕事です。「CS」と略され、「お客様窓口」「コールセンター」などと呼ばれることも。
カスタマーサポートのオペレーターは、その企業の製品・サービスの不具合や不明点、顧客の不満や課題を拾い上げ、チャットや電話、メールを用いて対応し、解決します。また、問い合わせ対応と連動し、顧客情報を管理するといった業務も。製品・サービスのFAQの作成に携わる、社内向けマニュアルの作成をおこなうといった業務も行います。

ヘルプデスクとは?

ヘルプデスクは、顧客からの問い合わせに対応し、問題を解決する仕事です。仕事内容はカスタマーサポートと近いものの、カスタマーサポートよりも製品やサービスについての専門性が必要とされる場合が多く、多種多様な技術的なトラブルに対応できる知識やスキルが重要となります。
一般的には、カスタマーサポートで顧客からの相談内容を詳しくヒアリングし、より専門性の高い対応をすべきだと判断した顧客を、ヘルプデスクへ誘導するというケースが多いです。

カスタマーサポートはリモートワークで働ける?

カスタマーサポートやヘルプデスクは、2020年現在、リモート化が最も進んでいる職種の1つです。
2020年4月20日~24日に実施された「サポート業務のリモート対応実態調査」では、「サポート業務従事者のうち85%が全てまたは一部でリモートワークを実施している」といった結果も。

また、ECサイト最大手のAmazonでも、リモートワークで働けるカスタマーサポートの求人を募集しています。

参考:Amazonが在宅勤務のカスタマーサポートを募集

リモートワークで働ける転職先を探している場合は、カスタマーサポートやヘルプデスクはぜひチェックしておきたい職種と言えるでしょう。

カスタマーサポートの転職先。おすすめは?

車の運転・イメージ

カスタマーサポートやヘルプデスクへの転職を成功させる重要なポイントの一つが、業界選びです。特に、新型コロナウイルスの影響下で転職先を選ぶのであれば、コロナウイルスおよびコロナ不況へ対応できている業界を検討するのも選択肢の一つ。
希望する業界が無い場合は、新型コロナウイルスの影響を受けにくい業界や、需要が供給を上回る業界を選ぶのがおすすめです。希望する業界がある場合は、新型コロナウイルスへの対応状況を確認し、不況やコロナウイルスを乗り越え、今後の成長が見込める転職先を選びましょう。

以下では、2020年現在、コロナ禍の状況下でも需要の高い業界とその業界への転職におすすめの転職エージェントをご紹介します。

通販・EC業界のカスタマーサポート

新型コロナの感染が拡大し、コロナ不況と呼ばれる現在、外出が制限されていることもあり、通販業界(EC業界)の需要が急拡大しています。通販業界は人材採用を積極化しており、2020年現在、カスタマーサポート・ヘルプデスクへの転職を検討している場合は、ぜひチェックしておくべき業界と言えるでしょう。

リクルートエージェントは、リクルートキャリアが運営する最大手の転職エージェント。数ある転職エージェントの中でも、他を圧倒する求人数を有しており、ほぼすべての業種・職種の求人をカバー。大手、中小ベンチャー、スタートアップ、外資系など多くの企業の求人を取り扱う。
EC業界の求人、カスタマーサポート・ヘルプデスクの求人も数多く取り扱っており、未経験者OKの求人から経験者向けの求人まで幅広い。また、経験豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍しており、業界ごとに特化した、高い専門知識を持ったキャリアアドバイザーから質の高いサポートを受けることができる。未経験職種への転職支援実績が豊富な点もうれしい。
転職が初めてという方や、未経験でEC業界のカスタマーサポート・ヘルプデスクへの転職を目指している場合は、必ずチェックしておきたい転職エージェントのひとつ。

物流業界のカスタマーサポート

物流業界もまた、新型コロナの影響下においても伸び続けている業界の一つ。EC業界と合わせて需要が急拡大しており、人材採用にも積極的です。
物流業界のカスタマーサポートは、法人や個人問わず、さまざまな顧客からの問い合わせ対応を行います。荷物の配送状況や所要日数の他、輸入品などの貿易書類についての問い合わせに対応するケースも。企業によっては、外資系企業や外国人の問い合わせに対応する場合もあり、英語力を活かして転職したい方にもおすすめです。

dodaは、総合人材サービス企業「パーソルキャリア」が運営する転職エージェント。非公開求人の紹介や対面での転職サポートを受けられる「転職エージェント」と、自己応募中心の「転職サイト」の2つのサービスを、1つのアカウントで一括管理できる点が特徴。
dodaは幅広い職種の求人を取り扱っており、通販業界・物流業界関連の求人情報も充実している。「富士フイルムロジスティックス」や「Amazonジャパン」など、物流業界大手の求人も多く、カスタマーサポートやヘルプデスクへの転職に強い点も嬉しい
キャリアアドバイザーの質の高さにも定評があり、業界に精通したアドバイザーが転職をフルサポート。未経験からの転職にもしっかり対応してくれる。
dodaは、豊富な求人の中から希望の条件に合う求人を見つけたいという方はもちろん、業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートを受けたいという人におすすめ。

ゲーム業界のカスタマーサポート

ゲーム業界において、カスタマーサポートは非常に重要な職種。ゲーム業界では、新機種やゲームソフトの新タイトルの発売時、サービスのアップデート時などに集中的に問い合わせがあり、技術的な問題を解決する必要も多くあります。
顧客の問題や不満を吸い上げ、迅速な対応をおこなうことが求められるだけではなく、開発・運営部署との連携が必要になるため、高度なコミュニケーション能力の他、製品・サービスへの深い知識が求められる場合も。業務範囲は企業によって大きく異なりますが、製作サイドとの密な連携を通して問題解決を行うチームワークが必要になる仕事と言えるでしょう。

ワークポートは、2003年にIT企業・インターネット関連・ゲーム関連企業に特化した転職エージェントとして創業。現在は、幅広い業種・職種の求人を取り扱う。特にゲーム業界の求人に関しては他の転職エージェントと比較しても求人数、質ともに高く、求職者から高い評価を獲得。カスタマーサポートやヘルプデスクの求人も充実している
また、業界に精通したプロのキャリアアドバイザーが、企業選びから履歴書・職務経歴書の作り方、面談日程、年収交渉まで一貫して手厚いサポートを提供している点も大きな魅力。
ちなみに、ワークポートではWeb面談または電話面談での登録を受け付けており、リモートで転職サポートを受けられる点も嬉しい。
ゲーム業界のカスタマーサポートへの転職を検討している方はもちろん、転職が初めてという人にとっても、サポートが充実したワークポートは、利用する価値がある転職エージェントと言えるだろう。

未経験からカスタマーサポート・ヘルプデスクへの転職を成功させる方法

キーボードを打つ手・イメージ

未経験からでもカスタマーサポート・ヘルプデスクとして働ける?

カスタマーサポートやヘルプデスクは、未経験可の求人も募集しており、未経験からでも働ける職種として人気を集めています

未経験からカスタマーサポートやヘルプデスクを目指す場合は、カスタマーサポートとして働くために必要なスキルや適性をアピールすることも重要。応募書類や面接の通過率をアップさせるためにも、カスタマーサポートとして働くうえで必要なスキルをチェックしておきましょう。

カスタマーサポートとして働くうえで必要なスキル

  • 顧客の不満や課題を拾い上げるコミュニケーション能力
  • クレーム処理などに対するストレス耐性の高さ
  • サポートする製品・サービスへの興味や情熱
  • ホスピタリティの高さ
  • 問題解決能力の高さ

未経験からの転職でチェックしておきたい転職支援サービス

未経験からカスタマーサポートやヘルプデスクに転職する場合、「リクルートエージェント」や「ワークポート」など、各業界に特化した転職エージェントを活用し、効率よく転職活動を進めましょう。その一方で、転職者のほとんどが登録する大手転職サイトに登録しておくことも重要です。常に最新の情報をキャッチし、条件に合った求人を自分で探しながら、転職エージェントの利用と並行しつつ、転職活動を進めて行きましょう!

リクナビNEXTは、求人数・利用者数ともにトップクラスを誇る、転職サイトの最大手。求職者の約8割が登録しており、取り扱う業種や職種も幅広い
リクナビNEXTの特徴は、豊富な求人数の中から、自分にあった求人を検索しやすい点。リクナビNEXTでは、求人検索の際に、フリーワードで「在宅勤務」「リモートワーク」と入力すると求人を絞って検索できる。また、働き方に基づいた企業の絞り込みも可能。「休暇の特徴」、「勤務時間の特徴」、「賃金の特徴」などの中からさらに細かく条件を指定しすることもできる。
さらに、スカウトサービスにも力を入れており、月間560万通以上のスカウトメールを配信。登録したWeb履歴書をもとに幅広い企業からスカウトメールが届くため、想定していなかった業界・職種の求人などに出会い、転職の選択肢を広げることができる点も大きな魅力。
リクナビNEXTは自己応募型の転職サービスであるため、自分にとっての「ホワイト企業」の基準や、将来のキャリアプランや人生プランなど、転職活動の方向性が固まっており、自分のペースで転職活動を進めたい方におすすめ。

リモートワークとカスタマーサポートへの転職 Q&A

Q1. リモートワークで働ける職種とは?
リモートワークで働ける職種としては、技術職・専門職ではエンジニアやプログラマー、WebライターやWebデザイナーなどが有名です。一方で、企業のリモート化が進んでおり、カスタマーサポートやヘルプデスク、営業職などもリモートワークで働ける職種として人気が高まっています。未経験から異職種へ転職を目指す場合は、カスタマーサポートやヘルプデスクがおすすめです。
Q2. カスタマーサポートへの転職は未経験でもできる?
カスタマーサポートの求人は、未経験者も積極的に採用しており、未経験からでも転職が可能な職種と言えるでしょう。カスタマーサポートの仕事に必要なスキルや適性をチェックし、しっかりとアピールできるよう、応募書類の作成や面接対策を行いましょう。
Q3. カスタマーサポートの転職におすすめの業界は?
カスタマーサポートとして働くのにおすすめの業界は、新型コロナの影響を受けにくい業界、もしくはこの状況下でも需要がアップし、伸び続けている業界です。具体的には、EC(通販)業界、物流業界、ゲーム業界などがあげられます。

まとめ

カスタマーサポート・ヘルプデスクへの転職を解説した今回の特集はいかがでしたか?
リモートワークで働きたいと考えた場合、ITエンジニアやWebライター、Webデザイナーなどの専門職への転職を検討する方も多いはず。ですが、それらの職種は専門性が高く、実務経験必須の求人が大半を占めており、転職のハードルが高いという面も。
未経験からリモートワークで働ける職種を探している方は、カスタマーサポートやヘルプデスクを、転職先として検討することをおすすめします。高いコミュニケーション能力やホスピタリティを必要とするカスタマーサポートやヘルプデスク職は、顧客と直接かかわり、問題を解決していく非常にやりがいのある仕事です。
リモートワークで働ける職種に転職したいと考えている方や、カスタマーサポートやヘルプデスクへの転職を検討している方は、本特集を参考に、業界選びや転職活動の進め方をチェックし、転職を成功させましょう!

written by Saki Nishiyama