30代のキャリアチェンジ -転職でのゼロスタートはまだ間に合う?男性と女性で異なる転職事情-

writer:久我裕紀

30代のキャリアチェンジ・メインイメージ

30代でキャリアチェンジはできるか 30代のキャリアチェンジ

新卒で就職して10年前後が経過する30代になると、今後のキャリアについて考える機会も増えてきます。今の職場で定年まで働くか、転職をするかで悩んでいる方も多いでしょう。
最近では、転職市場の活性化により「35歳転職限界説」はすでに過去のものとなりつつあります。しかし、それはあくまで経験者採用としての話。キャリアチェンジ(未経験の業種・職種への転職)を前提とした場合には「35歳転職限界説」はいまだ現役と言わざるをえません。

本特集では、30代でのキャリアチェンジを考えている方のために、知っておきたいポイント・転職を成功させる秘訣を男女別に紹介します。

30代でのキャリアチェンジ。まずは知っておきたい転職の現実 30代のキャリアチェンジ

年収、キャリアダウンを覚悟する

未経験分野への転職では、キャリアダウン・年収ダウンを覚悟しておく必要があります。30代のビジネスパーソンであれば、何かしらの役職についていることも少なくありませんが、未経験分野の企業に転職すれば、同ポジションで採用されるケースはまれでしょう。
転職により年収がアップする人は、およそ3人に1人というデータもあります。

参考:厚生労働省 平成28年上半期「転職入職者の賃金変動状況

転職による年収ダウンで家計が大きなダメージを受けないよう、貯蓄なども考慮した上で、どの程度なら年収が下がっても生活を維持できるのか、あらかじめそのラインを決めておきましょう。

年下の先輩・上司ができることもある

30代で未経験の業種・職種へキャリアチェンジをする場合、新たに覚えなければならないことはたくさんあります。ときには、自分より年下の社員に指導を受けたり、年下の上司の下につくこともあるでしょう。たとえ年下であっても、その会社では相手のほうがベテランであり、豊富なスキルと経験を持っています。
ただし、それは経験の差であって人間性や人格部分の差ではありません。そこを混同して過度に卑屈になってしまうのはNG。年齢を気にせず、相手から謙虚な姿勢で学び、仕事に活かすことが大切です。

入社したての頃は挫折感を感じることも

30代の転職者は、採用側企業の期待に応えられず悩むケースも少なくありません。前職のスキルを活かすことができなかったり、今までとは仕事のやり方が違ったりと、とまどいを感じる場面も多いでしょう。そのため、十分に能力を発揮できず、挫折感を感じる方もいます。
期待されているという思いが強いほど、焦る気持ちは強くなります。一度、前職のキャリアは脇に置いて、「ゼロからスタートする」という気持ちも大切。強がらずに、わからないことは周囲に教えてもらう、自分から積極的に専門知識を身につけるなど、日々の努力も欠かせません。

「30代は即戦力となること求められる」とは、よく言われますが、採用側企業もこれからの伸びしろ、つまり期待値を加味して採用を行っています。すぐにその期待に応えられなくても、これから会社にとって欠かせない存在になるために、できることを精一杯やりましょう。

転職での市場価値は「第二新卒」以下

事前に、転職市場での30代の価値を知っておくことも大切です。
即戦力でなくとも今後大きな成長を期待できる人材を採用する「ポテンシャル採用」においては、どうしても20代のほうが有利になります。20代の第二新卒が競争相手になることを把握した上で、30代だからこその価値を語れるような準備が必要です。
例えば、リーダシップ。20代よりも経験豊富な30代では、業務上他の社員をまとめる役割を担っていた方も多いはずです。その他、コミュニケーションスキルや協調性、交渉力や基本的なビジネスマナーなど、どこでも通用する汎用性のあるスキル(ポータブルスキル)をリストアップしておくと、応募書類や面接時の回答などの選考対策をする際に役立つでしょう。社会人経験が長いからこその強みを、明確にしておく必要があります

30代でのキャリアチェンジを成功させるポイントは? 30代のキャリアチェンジ

30代でのキャリアチェンジを成功させるポイントは?・イメージ

やりたいことを明確にする

転職によって実現したいこと、言い換えれば「転職の軸」を明確にすることが、キャリアチェンジを成功させるためのポイントです。どのような仕事・働き方をしたいのか、どのような生き方をしたいのか、そうした転職後のビジョンまで見据えることが重要です。やりたいことをはっきりさせることは、企業の選び方・転職理由・志望動機・面接時の自己PRにも影響を与えます。人生で興味を持ったものを書き出してみたり、転職サイトの適職診断をしてみたりするのも良いでしょう。

自分を知る

転職をする際には、自己分析も非常に重要です。自分にはどういう強みがあるのか、得意な仕事は何か、そしてそれらは自分の転職の「軸」と矛盾しないかどうかを考えてみます。
今までの経験を少しも活かすことができないようであれば、年齢的にその転職は難しいかもしれません。直接は関係していなくても、どこでも通用する強みを見つけ、企業にどう貢献できるかを書き出しておきましょう。

なお、特定の分野での専門知識や人脈がある場合には、独立・企業も視野に入れるとキャリアチェンジの選択肢・幅がぐっと広がります。企業への転職だけが選択肢ではない、という点も覚えておきましょう。

求人へのアクセスを増やす

転職を成功させるためには、転職サイトへの登録は必須と言えます。複数の転職サイトに登録を行い、志望する業界・職種の求人をくまなくチェックしましょう。

また、転職エージェントも、転職の成功率を高めるうえで利用価値の高いサービスです。転職エージェントでは、担当のキャリアコンサルタントが付き、転職に関するあらゆるアドバイスを受けることが可能。自分のスキルやキャリア、強みを整理する上でも、第三者の意見を取り入れてみましょう。応募先企業の情報に加え、模擬面接など、具体的なテクニックも教えてもらえます。

すでに転職したい企業が決まっているのであれば、求人募集の有無を直接問い合わせてみるのも1つの方法です。「この企業でなければいけない」という熱意が伝わりやすくなります。

リクナビNEXTは、リクルートが運営する転職サイト。会員限定のサービスである「グッドポイント診断」では、質問に答えていくだけで自身の強みを診断してくれる。企業に応募する際に、診断結果を添付できるため、採用側に客観的な自分の強みを伝えることが可能。求人情報は毎週水曜日と金曜日に更新。希望の条件を設定しておくことで、条件に合った求人をメールで知らせてくれる。また、スカウト機能を利用すれば、自分の経歴・スキルに興味を持った企業から連絡がくることも。自分の市場価値を知るうえでも上手に活用したい。転職活動のスタート時には、まず登録したい転職サイト。

リクナビNEXTと併せて登録を行いたいのが、同じくリクルートが運営するリクルートエージェント。求人サイトには掲載されていない非公開求人の数は10万件以上。経験豊富なキャリアアドバイザーが付き、スキルや希望に合った求人を紹介してくれる。さらに、応募書類の添削など、自身の強みを最大限アピールできるようサポート。また、個々の企業に関する情報の充実度にも定評がある。応募先企業の過去の面接でどのようなことが聞かれたのか、雰囲気はどうかなど、求人サイトでは知ることのできない情報も提供。効率よく事前準備ができるため、一般の応募者と差をつけることができるだろう。

30代女性のキャリアチェンジ 30代のキャリアチェンジ

30代女性のキャリアチェンジ・イメージ

30代は女性にとって、さまざまな迷いが生じる年代です。社会人としてのキャリアはもちろん、結婚や出産、育児などにも環境の変化が起こりやすい年代と言えます。そのため、今後のキャリアについて慎重になっている方もいるでしょう。

では、企業側は30代の女性転職者に対し、どのような印象を持っているのでしょうか。
採用側は、「長く働いてもらいたい」「キャリアを形成して欲しい」と考えます。そのため、「結婚を機に退職してしまうのでは?」「育児休暇を取ることを考えるとスキルアップが遅れるのでは?」といった懸念を抱きます。育児中であれば、「子供の病気などにより休みが多くなるのではないか」「(時短勤務など勤務時間が短いことで)責任のある仕事を任せられないのではないか」という印象も持たれがち。

これらの企業側の不安に対しては、先回りして回答を用意し伝えることが有効です。例えば、「家族の理解を得ており、長時間の勤務も可能です」など、自分の希望する働き方をしっかりと伝えておきます。まずは企業側の不安をクリアにした上で、自己分析によって洗い出した自身の強みをアピールしましょう。過去のキャリアを生かせる業界・職種を選ぶと、よりアピールがしやすく有利になるでしょう。

転職サイトの中には、女性に強いサイトや女性の活躍を支援する特集が組まれていることもあります。自身の働き方が明確になっているのであれば、理解のある企業に出会うため、応募を続けてみましょう。長期戦になることを覚悟した上で、理想の職場を見つけるまで転職活動を続ける粘り強さも必要です。

30代男性のキャリアチェンジ 30代のキャリアチェンジ

30代男性のキャリアチェンジ・イメージ

30代男性の場合、女性よりも仕事に影響を与えるライフイベントは少ないものの、働き方に関する希望は同じように抱いている方が多いでしょう。たとえば、「今の仕事は勤務時間が長いので、もっとワークライフバランスを重視したい」という方もいれば、「とにかくもっと稼ぎたい」「今の年収をアップさせたい」と考える方も。
ただし、採用側の企業は、30代男性に即戦力としての活躍を求めています。未経験業種・職種への転職の場合は、女性以上に選考に通過しづらくなるため、何の目的で転職をするのかという転職の「軸」がより重要になります。年収アップが転職の最大の目的であれば、自分の強みを活かせる同業界・同業種を中心に応募することをおすすめします。

業界や職種にもよりますが、求人数は、男性の方が多い傾向にあり、女性よりも有利と言えるでしょう。選択肢が多いため、転職エージェントを活用することで、効率的に転職を成功させることができます。「今の仕事が忙しくて、なかなか転職活動に時間が割けない」「客観的な自分の価値を知りたい」という方は、積極的に活用しましょう。

また、転職サイトのスカウトサービスも活用したいところ。スカウトサービスでは、個人情報や勤務先の情報を除く学歴や職歴などが企業に公開されます。企業側から面接確約オファーが届き、書類選考が免除されることもあります。

30代の転職を成功で終えるために 30代のキャリアチェンジ

いかがでしたか。
30代はキャリアチェンジができる最後の機会であることも少なくありません。「なんとなく転職」するのではなく、転職で実現したいこと(軸)と、自分の強みの2つを意識しましょう。

自身の強みについて知るには、第三者の視点も重要です。転職エージェントなどの支援サービスを積極的に活用しつつ、企業にアピールできる強みを見つけてみてください。

転職を失敗に終わらせないためにも、本特集で紹介したポイントを押さえたうえで、転職活動を進めましょう。