転職におすすめのサービスはどれ?メリットとデメリットを解説

転職におすすめのサービスはどれ?メリットとデメリットを解説・メインイメージ

現在の職場から転職を考えているが、いざいろいろ情報を調べてみると、サービスの種類や数が多すぎてどのサービスを利用すれば良いかわからない…という方、実は多いのではないでしょうか
転職活動の際、多くの方が利用する転職サイトや転職エージェントの他にも、実は様々な転職支援サービスが存在しており、その中から自分に合ったものを見つけるのは決して簡単ではありません。

そこで今回は、転職相談編集部がおすすめの転職サービスを厳選。それぞれのサービスの特徴やメリット、デメリットをわかりやすく解説します。
転職を検討されている方は、本特集を参考に、自分に合った転職サービスを見つけましょう!

転職におすすめのサービスのメリットとデメリット

転職サイトのメリットとデメリット 転職におすすめのサービス その1

転職サイトは、原則として自分自身で条件を満たす求人を検索し、応募するサービスの総称です。転職サイトには様々な業種・職種の求人が集まっており、営業、企画、コンサルタント、エンジニアなど様々な条件を指定し、求人絞り込むことができます。また、転職サイトによっては、年間休日120日以上、残業なしなど、詳細な条件を設定し、さらに求人を絞り込むことも可能です。希望する勤務地も、北は北海道、南は沖縄、一部転職サイトは海外まで選択することができます。

転職サイトを利用する最大のメリットは、自分のペースで転職活動ができる点です。例えば移動時間や帰宅後など、時間と場所を選ばず転職活動に取り組むことができます。またサイト上には、転職に関するノウハウや成功事例なども掲載されており、転職が初めてという方にとっては、情報収集ツールとして役立つ点も転職サイトのメリットと言えるでしょう。

一方で転職サイトにはいくつかデメリットもあります。1つ目は求人の応募はもちろん、面接の日程調整、内定後の入社日や年収交渉など、全て一人で行うため、転職エージェントを利用した場合と比較すると、手間がかかる点でしょう。また、転職エージェントのようにプロのキャリアアドバイザーによるサポートを受けられるわけではない点も、デメリットと言って良いでしょう。転職サイトは基本的に、自分のペースで転職活動に取り組みたい方におすすめのサービスと言えます。

編集部おすすめの転職サイト

人材サービス大手「パーソルキャリア」が運営する転職サイト。取り扱う求人数は4万件以上と数ある転職サイトの中でもトップクラスの規模を誇る。DODAでは職種や勤務地での求人の絞り込みはもちろん、雇用形態や希望年収、福利厚生など、詳細な条件を入力し、さらに求人を絞り込むことも可能。また企業からのスカウトサービスや、転職エージェントのサービスもワンブランドで提供している。できる限り早く転職したいと考えている方にとって、転職サイトだけではなく、転職エージェントとしても高い評価を獲得しているDODAは、有力な選択肢の一つになるだろう。

国内最大級の規模と実績を誇る転職サイト。事務、建築、IT、デザインなど職種から求人を検索できる機能が充実。また勤務地は国内だけではなく海外を選択することもできる。大手企業はもちろん、中小企業や成長力のあるベンチャー企業もリクナビNEXTに求人を出稿しており、取り扱う求人の数と質にも定評がある。また、企業からのスカウトが受けられるスカウトメールも充実。初めて転職する方向けに転職のノウハウを解説したコンテンツや、「U・Iターン特集」「第二新卒特集」など、テーマ別の特集も充実しているので、求職者は上手く活用すると良いだろう。自分自身で転職先を探したいと考えている方にとって、リクナビNEXTはまず登録しておくべき転職サイトと言えるだろう。

転職エージェントのメリットとデメリット 転職におすすめのサービス その2

転職エージェントのメリットとデメリット・イメージ

転職エージェントは、転職のプロであるキャリアアドバイザーが1対1のカウンセリングを実施、求職者の希望や適性を踏まえた上で求人の紹介を行う他、職務経歴書・履歴書の添削や面接支援、年収交渉など、転職に関する様々なタスクを幅広く支援するサービスの総称です。転職サイトとの一番の違いは、自身の今後のキャリアや適性に関して、転職のプロであるキャリアアドバイザーから客観的なアドバイスをもらえる点でしょう。また、転職エージェントが取り扱う求人の多くは非公開求人となっており、転職サイトと比較してもその数は圧倒的です。非公開求人は、転職サイトや企業の採用ページには掲載していない求人を指し、一般には出回らない好条件の求人も少なくありません。この圧倒的な求人の数と質が、転職エージェントを利用する最大のメリットと言えるでしょう。また前述したキャリアアドバイザーのサポートも、転職エージェントの大きなメリット。効率良く転職活動に取り組みたい方であれば、転職エージェントの利用がおすすめです。

その一方で、転職エージェントにはデメリットもあります。最大のデメリットは、登録の際、必要になるキャリアカウンセリングを対面で行う必要があるため、仕事が忙しい方や近くに拠点がない場合は、サービス自体利用しにくい点でしょう。どうしても面談に行く時間が取れない場合は、電話による相談や、夜までカウンセリングを実施している転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは、膨大な求人の中から希望する求人を見つけたい方はもちろん、転職のプロのサポートをしっかる受け、転職活動に取り組みたいという方にも、おすすめできるサービスです。

編集部おすすめの転職エージェント

人材サービス大手パソナが運営する転職エージェント。パソナキャリアは、キャリアアドバイザーによるサポートの質の高さに強みがあり、現在までに累計25万人以上の転職を支援している。取り扱う求人数は約5万件と(※2018年4月現在)数ある転職エージェントの中でもトップクラス。実際にサービスを利用したユーザーの約7割が転職を通じて年収アップに成功している点もチェックしておきたい。初めて転職をする方はもちろん、すでに何度か転職を経験している方も安心して利用できる転職エージェントだろう。

リクルートが運営する、業界最大手の転職エージェント。リクルートエージェントは、他の転職エージェントと比較しても圧倒的な求人数を誇っており、公開求人は約3万件、非公開求人は約17万件と追従を許さない(※2018年4月現在)。また土日祝日の相談や、平日20時以降の面談にも対応しているため、仕事が忙しい人が利用しやすい点が嬉しい。これから転職エージェントを利用するであれば、必ずチェックしておきたいサービスの1つ。

ヘッドハンティングのメリットとデメリット 転職におすすめのサービス その3

ヘッドハンティングは、一般的にはヘッドハンターからのスカウトを待つサービスの総称ですが、最近は、求職者が職務経歴書を登録することで、その経歴を見たヘッドハンターからのオファーが届くサービスが増加、新たな転職サービスとして定着しつつあります。ヘッドハンティングは、即戦力となる人材をスカウトする側面が強いため、一般的な求人と比較すると、給与などの条件面が良い点が最大のメリットと言えるでしょう

ヘッドハンティングのデメリットは、一定のキャリアを持つ層が対象になるため、社会人としての経験や実績が乏しい場合、ヘッドハンターからのオファーが届かないケースがある点です。年収600万円以上の方や管理職として活躍している方に就いている方であれば、ヘッドハンティングの対象になりやすいと言えるでしょう。一定の条件を満たす方であれば、転職エージェントや転職サイトと比較しても、好条件のオファーが届く確率が高いおすすめのサービスと言えます。

転職エージェントは、膨大な求人の中から希望する求人を見つけたい方はもちろん、転職のプロのサポートをしっかる受け、転職活動に取り組みたいという方にも、おすすめできるサービスです。

編集部おすすめのヘッドハンティング会社

2,500名以上が登録する国内最大級のヘッドハンターのネットワーク。取り扱う求人は約9万件(※2018年4月時点)と圧倒的な数を誇っている。ビズリーチは、無料会員と有料会員の2種類があり、無料会員はヘッドハンターからのスカウト専用、有料会員は、ヘッドハンターからのスカウトに加え、秘匿性の高い求人に自己応募することができる。また、有料会員は希望の職種や業界に詳しいヘッドハンターを指定し、求人の紹介を受けることも可能。ワンランク上の転職を目指す方であれば、必ずチェックしておきたいヘッドハンティング会社だろう。

リクルートが運営するヘッドハンターのネットワーク。ビズリーチとは異なり、全てのサービスを無料で利用できる。年収600万円以上の求職者であれば、匿名のレジュメを公開することで、ヘッドハンターからの良質なスカウトを期待できる。また匿名レジュメは、提携ヘッドハンターのみに公開されるため、セキュリティの不安もない。ヘッドハンターからもスカウトを希望する場合、キャリアカーバーは有力な選択肢の1つだろう。

Column コラム

MIIDAS(ミーダス)

転職サービスは、どんどん進化しており、2015年11月にサービスを開始したMIIDAS(ミーダス)は、自身の経歴を入力することで、近い経歴を持つユーザーの想定年収や転職先などを確認することができます

また、MIIDAS(ミーダス)に届くオファーは、全て書類選考に合格済みの面接確約オファーのみ。求職者の経歴によっては、登録直後にオファーが届くケースもあります。またMIIDAS(ミーダス)に届くオファーには、応募期限が設定されていないため、自身が転職したくなったタイミングで面接を受けることができる点も要チェック。

さらに希望の条件に合致したオファーのみを受け付けることも可能です。転職を成功させるためには、自分自身の市場価値を正しく認識することが重要です。MIIDAS(ミーダス)は市場価値を把握する上で、最適なサービスの1つでしょう。

まとめ 転職におすすめのサービスはどれ?メリットとデメリットを解説

まとめ・イメージ

転職におすすめのサービスのメリットとデメリットを解説した本特集はいかがでしたでしょうか。
転職サービスには、様々な種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。転職活動を効率よくすすめるためには、転職サービスの特徴をしっかり把握した上で、自身の希望に満たすサービスを利用することが大切です。
(※もしどの転職サービスが自分に合っているのかわからないという方は、いくつか利用した上で、使いやすいサービスに絞り込むのも良いでしょう。)
転職を検討している方は、本特集を参考に自分に合った転職サービスを見つけ、転職の成功に向けた第一歩を踏み出しましょう。