転職の市場価値が低い場合の対処法。思考を変え、市場価値を高めるための3つの方法

転職の市場価値が低い場合の対処法。思考を変え、市場価値を高めるための3つの方法・メインイメージ

転職を検討する前にまずは自分の市場価値を調べてみよう 転職の市場価値が低い場合の対処法

転職を具体的に検討する前に、まずやらなければいけないのが自身の市場価値の算出です
具体的には自分自身の年齢や同じくらいのスキルを持った人材が、他社ではどの程度の評価(年収)を得ているのか?またどんな企業への転職に成功しているのかがわかれば、自然と自分が今置かれた状況がわかるはず。

ではどのようにして、市場価値を算出すれば良いのでしょうか?概算の市場価値は、転職支援サービス大手DODAが公表している平均年収ランキングでもわかりますが、より詳細に分析したいという方には、以下のサービスがおすすめです。

市場価値の分析から全てがスタートする転職サイト。登録は無料で、スマホやPCからわずか5分で完了。想定オファー年収を確認することで、自身に近いスキル・経歴を持った求職者がどのような条件で転職を成功させたのかがわかる。また匿名のプロフィール・職歴を公開することで、MiiDAS(ミーダス)を利用する優良企業7,000社からのスカウト待つことも可能。
MiiDASから届くオファーはすべて書類選考合格済み(面接確約)なので、効率よく転職活動に取り組みたい方にとっても役立つだろう

転職支援サービス大手「DODA」に無料会員登録をすると、年収査定が利用可能になる。年収査定の仕組みはビックデータによるデータマッチング。自身の経歴を入力することで、DODA会員186万人のビッグデータから機械学習(アンサンブル学習アルゴリズム)を用い、登録者の適正年収が算出される。その結果をもとに、DODAの求人情報から自身の経歴に見合う年収の求人を絞り込むことも可能。現在の年収が自身のキャリアと見合っているかどうか確認したい方や、これから先の年収の推移が気になる方、転職を前に自身の市場価値を把握しておきたい方は利用すべきサービスの1つ。

自身の市場価値が低いと感じたら? 転職の市場価値が低い場合の対処法

自身の市場価値が低いと感じたら?・イメージ

市場価値がわかるサービスを利用した結果、思ったような評価を得られなかった場合は、まず現状を認めることからスタートしましょう。市場価値が想定より低いということは、現時点での自己評価と市場での評価にはギャップがあるということです。そこでこのツールがおかしいと反論するよりも、どうすれば、自分の市場価値を高めていけるかを考える方がよっぽど建設的で、価値があります。

市場価値はそう簡単に高められるものではないので、高く評価してくれている現在の会社に感謝するのも選択肢の一つ。もしどうしても転職したいと考えるのであれば、転職市場で自分自身の価値を高める行動を心がけましょう。そのためにはまずは自身の強みと弱点と向き合い、強みを強化しつつ、弱点を減らせるよう実際に行動することが、あなたの価値を高める第一歩です

特に大企業、例えば銀行や証券などで勤めている方は、総じて年収が高い傾向がありますが、汎用的なスキルを身に着けている訳ではないので、転職市場での市場価値は低くなる傾向があります。これらの業種・職種で仕事をしている方は、自分自身で様々な知識を学び、身に着ける努力に加え、現在の業種・職種の中で、これだけは人に負けないという専門性を身に着けることが、市場価値を高める上での必須条件です。

将来安泰な業種はどこにもありません。日々の努力を怠らず、自身の市場価値を高めていきましょう。

転職の際の市場価値を高める方法 転職の市場価値が低い場合の対処法

転職の際の市場価値を高める方法 その1:
普遍的なスキルをしっかり磨く

まず最初に理解しておかなければいけないのが、ビジネスにおける能力構造です。これは、業種・職種によって異なる専門的なスキルと、業種・職種関係なく共通して求められる基本的なビジネススキルの2つに分けられます

専門的なスキルはもちろん大事な要素ですが、同じ業種や職種でも会社が異なればやり方や方向性が全く違うというケースも少なくありません。つまり、その人が以前の職場で身に着けた専門スキルが、転職先でフルに発揮できるとは限らないのです。

しかし、コミュニケーション力、問題解決力、リーダーシップ、異文化適応能力などの基本的なビジネススキルは汎用性が高く、業種や職種が変わっても、その価値は変りませんつまりこのスキルをしっかり身に着けておくことが、転職市場での価値を上げるきっかけになるのです

転職の際の市場価値を高める方法 その2:
市場に評価される専門分野の腕を磨き、必要に応じて資格を取る

基本的なビジネススキルがしっかり身についている方は、次は自分が専門とする分野のスキルを磨きましょう。これだけは他の人に負けないといスキルがしっかり身についている方は、市場価値も自然と上がっていきます。どのスキルに重きを置き、磨いていくかは、自分がいる業界や業種を客観的に分析し、市場価値が高いと思えるスキルを選ぶと良いでしょう。

現在の仕事で専門的なスキルを身に着けるのが難しい方は、関連する分野の中で、独学で専門性を高めていくのも選択肢の一つです。例えばIT業界であれば、高度情報処理資格やベンダー資格を独学で取得するのも良いでしょう。経理関連の仕事をされている方は、簿記2級以上、また税理士などの難関資格を取得すれば市場価値は大幅に高まります。

市場価値を高めるための努力は、今後のキャリアを考えた際、必ずプラスに作用するはずです。

転職の際の市場価値を高める方法 その3:
実績は積み、熱意を持ち。そして過去の成功体験にとらわれない

実績は自信を生み、人を一段上のステージへと高める原動力となります。しかし、その一方で、過去に偏りすぎると、自分自身の成長を止め、新たな環境でそれが足かせとなってしまうケースも少なくありません。

「過去にこれで成功したからこれで間違いない」「自分はこのやり方で乗り越えてきたので、それが正解」と決めつけてしまうのは危険です。会社が変われば役割も立場も人間関係もすべてが異なります。
自信を持つのは良いことですが、その自信を胸に抱きつつ、ゼロからもう一度学んでいく姿勢と熱意を持つことが、新たな成功へと繋がり、自身の市場価値を高めていくのです

実績+熱意、そして柔軟性を持つ人材こそが、市場価値が高い人間であるということを忘れず、常に謙虚な気持ちと新鮮さを忘れないようにしましょう。

現状と自身の市場価値に見合っていない(※市場価値のほうが高い)と感じたら転職を検討しよう 転職の市場価値が低い場合の対処法

転職を検討・イメージ

自身の市場価値と現状の評価が見合っていないと感じる方は、転職し、キャリアアップを目指すと良いでしょう。
転職は安易に考えるべきものではありませんが、一方で正当な評価を受けられない、全くスキルが身につかない職場で働き続けるのもまた大きなリスクです。市場価値を高める努力を続けた結果、自身の価値と市場価値が乖離するようであれば、そのギャップを埋めるための転職は正しい行動と言えるでしょう

転職を考える際、まず利用すべきは転職エージェントです。転職のプロであるキャリアアドバイザーが、自身の市場価値や実績を考慮した上で、条件を満たす求人をピックアップしてくれるので、効率よく転職活動に取り組めるはずです。なかでもリクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇っており、まず登録しておくべき転職エージェントと言えるでしょう。

リクルートグループの「リクルートキャリア」が運営する、業界最大手の転職エージェントサービス。首都圏や関西圏はもちろん、全国の主要都市に支店を構え、求職者の転職を無料でフルサポート。取り扱う求人数は公開求人、非公開求人含め10万件以上と、他の転職エージェントと比較しても圧倒している。またリクルートエージェントのみが取り扱う求人も少なくない。また無料会員登録することで利用できるキャリアアドバイザーのサポートの質にも定評がある。求職者の希望やスキルに沿った求人の紹介はもちろん、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、年収交渉や退職時のサポートまで対応してくれる。転職が初めてという求職者でも安心して利用できるだろう。

転職する際は、正当な市場価値を受けることだけを目的にするのではなく、新しい職場が自分自身のスキルを磨き、今後のキャリアを積み上げていく上でプラスになるかどうかもしっかり考えましょう。

後悔のない転職をすることが、転職後も市場価値を高めていく上でのキーポイントになるはずです。