ライバル企業への転職

マックスさん
42才・男・エンジニア

ライバル企業への転職について、相談させてください。

私の立場は電気メーカーの製品開発責任者です。現在ライバル会社の一社より好条件で非常に魅力的なオファーがあります。現在の職場の状況なども合わせて考えて、私の気持ちは転職の方向へ向いています。

しかし、懸念は現在の会社を辞めて、転職先で障害なく仕事ができるかどうかです。私は立場上、取り扱う製品の機密事項を知っていますし、中長期的な製品戦略計画にも中心的役割を担ってきました。現在の会社からすれば、私のような立場の人間がライバル会社へ転職することは、当然タブーです。ですから、もし辞めるとなれば、個人的中傷は覚悟の上ですが、強烈な引き止め工作もあるでしょうし、ライバル企業への転職阻止、情報漏えいに対する法的処置もあるでしょう。転職後も法的対抗処置を含め、何かと困難が付きまとうのではないかと想像します。

このような状況の中、現在の会社を無事退職し、ライバル企業へ転職して、今までの経験知識を活用して仕事をするために、どのような行動をとるべきか?有用なアドバイスをいただけると幸いです。

転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

マックス 様

ご相談ありがとうございます。転職相談.jp編集長の早川です。

競合他社から良い条件での誘いがあるということはマックスさんのキャリアが認められているという証拠です。それ自体は素晴らしいことですが、企業側としては製品開発の中心人物が抜けるのは大きな痛手ですし、それがライバル企業となるとなおさら問題は大きくなります。

まず確認して頂きたいのが入社時の契約書(年俸制であればその年の計画書)及び会社の社内規則です。ここで退職に関するルールがどう定められているかが問題です。ここで競合他社への転職を禁じてあり、そこにサインしている場合、契約上転職は難しくなってしまいます。もしそれがなければ契約上の法的な縛りはありません。もし契約上の縛りがあったとしても、原則として労働者には職業選択の自由があり、マックスさんが身に付けた知識はマックスさん自身の財産です。著しい背信行為を行わない限り、競業避止義務には該当しないと考えられます。

具体的にはマックスさんが転職先で前職の製品の機密や中長期計画等をベースに仕事をすることを求められているのであれば、背信行為と考えられますが、それをもとに仕事をしない限り、問題となることはないでしょう。(この部分は非常に重要な部分ですので、ライバル企業にも前職の機密事項等を明かす事はできない旨はきちんと伝えましょう。ライバル企業がその情報を持ってくることを前提に好条件を提示しているのであれば、その企業への転職はお薦めできません。)

また実際に退職する際、会社側は競合へ情報がわたる事を避止するために何らかの契約書へのサインを求めてくることが考えられます。契約書の内容が合理的なものであり、納得できるものであればサインをしても良いと思いますが、サインしてしまえばその契約は有効になることを忘れずに慎重に判断して頂ければと思います。ちなみにサインする義務はありませんし、サインしなかったからといって法的には問題はありません。

マックスさんが転職したいという気持ちが強いのであれば、前職で知り得た将来の事業戦略に関する情報は漏らさず(そういった情報を簡単に漏らしてしまえば、転職先のライバル企業からの信頼も得られないでしょう。)、これまで培った知識で勝負して頂ければと思います。 それが前職とのトラブルを未然に防ぐ方法であり、マックスさんが今後さらに輝くためのベストな選択肢だと思います。

まずはゆっくり考え、頭を整理し、最終的な判断をして頂ければと思います。マックスさんにとってベストな選択ができるよう祈ってます。頑張ってください。

相談室で転職に関する悩みを相談する

転職相談室では、転職に悩む皆様からのご相談を受け付けております。

有料相談

転職に関するお悩みを有料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。

無料相談

転職に関するお悩みを無料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
  • 相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。