職が決まらず落ち込みがちです。

だいすうさん
31才・女・離職中

こんにちは、はじめまして。

私は2月に退職し、4月より転職活動を本格的に行い始めました。 昨年から6ヶ月以上在職中に転職活動を平行して行ってはいましたが、ストレスから体調を崩し、仕事が見つからないまま退職ということになりました。 なかなか厳しい現実ではありますが、前向きに頑張っています。

私はある言語のフリーランス翻訳と通訳を6年間行う傍ら、事務職などを行っていました。今回は転職3回目となります。これまでがパート契約のみだったので、次回はその言語を活かせる正社員を目指し、腰を落ち着けるつもりです。多少時間がかかっても情熱を注ぎ込める貿易事務の仕事を探しています。

厳しいから時間がかかる、と頭の中では分かっていても、なかなか希望の職が見つかりません。面接まで持ち込めないことから反省し、履歴書や職務経歴書も改訂していますが、時に気持ちが落ち込むことが多々あります。

そんな時、どのように気持ちを奮い立たせればいいでしょうか。

夏くらいにはできれば見つけたいと思っているので、今後気持ちに焦りが出るのが心配です。

よろしくお願い致します。

転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

だいすう 様

ご相談ありがとうございました。転職相談.jp編集長の早川です。

転職活動という大変な労力と精神力がいる作業を長期間継続するのはなかなかできることではありません。また、厳しい状況を人のせいにせず、前向きに取り組む姿勢は素晴らしいと思います。

すべての物事に対して言えることですが、前向きに諦めずに取り組めば、すぐに結果は出なくとも、知らず知らずのうちに前に進んでいるものです。だいすうさんが今の姿勢で転職活動に取り組んでいけば必ず結果はついてくるはずです。

下記は私がおすすめしているモチベーションをアップし、キープための方法です。もしよろしければ参考にしてください。

  1. 活動が上手くいかない理由に向き合う。履歴書、職務経歴書は第三者に見てもらい常にブラッシュアップ。新しい面接には新しい気持ちで臨む。親、兄弟、友人、転職情報サイト転職エージェントの活用も有効です。
  2. 転職活動は仕事と同じ。平日は1日も休まない。
  3. 空いた時間は目標の仕事に就くためのスキルアップ、気分転換のスポーツ、趣味にあて、無駄な時間を作らない。
  4. 1日のスケジュールを立て、規則正しい生活を心がける。
  5. 人に会う機会を作る※コミュニケーション力を鍛え、錆付かせない。

上手くいかない現状に対して、いろいろと考え込んでしまうと、どうしてもモチベーションが下がっていきます。

それを防ぐためには悩むよりも先に動くことです。動いていれば人間の思考は活性化しますし、モチベーションも上がっていきます。常に高いモチベーションを維持することは難しいですが、一定のリズムで行動することでモチベーションを保つことはできます。

上記の5つの取り組みを参考にして頂き、現在同様、前向きに活動して頂ければと思います。

頑張ってください。だいすうさんの転職活動、応援しています。

相談室で転職に関する悩みを相談する

転職相談室では、転職に悩む皆様からのご相談を受け付けております。

有料相談

転職に関するお悩みを有料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。

無料相談

転職に関するお悩みを無料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
  • 相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。