営業への異動後、緊張感から体調不良に。

ひらめ ちぬさん
43才・女・営業

営業に配属になって2ヶ月です。もともと製造で18年。その後購買を5年。

営業配属になってから今までとは違った緊張感により、突発性難聴になり、入院治療を行いました。現在、耳鳴りが大きく、聴力が少しずつ低下し、医者からは補聴器をすすめられています。もちろん、診断書も提出済です。

しかしながら、最終的に会社は職場異動しくれません。次に退職願いを提出しましたが、これも無視されました。私自身、現場希望で入社していて、営業は全く考えていなかったため、仕事のおぼえが悪く、上司にいつも注意されています。営業配属決定になった時に、前職場の上司に「私に退職させたいのですか? 私の能力で営業は無理です。」と報告しましたが、前の上司は「上からの指示だ!」の一言でした。

営業でやっていく自信と意欲がありません。どうすればうまく職場異動できるかわかりません。やはり最終的に転職でしょうか(製造現場は自信があります)。また、次の会社を決定してから退職でしょうか。

転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

ひらめ ちぬ 様

多少仕事に不満があっても、まず全力で頑張ってみることは大切です。ただし、それが体を壊すほどのプレッシャーやストレスになる場合、話は別です。また、それを職場が考慮してくれないのであれば、その会社はちぬさん(つまり社員)のことを大切にしているとは思えません。

既にいろいろと異動のための努力をされているようですが、もし現在の上司や前職の上司以外に相談できる上の方がいらっしゃるのであれば、ご相談されることをお薦めいたします。23年勤めた会社ですから、思い入れもおありだと思いますが、それでも状況が改善しないようであれば、転職を視野に入れたほうが良いでしょう。

また、転職活動はスムーズに行く場合もあれば、時間がかかることもあります。転職先が決まるまでは退職する旨は言わないようにしましょう。※また退職届を受理しないというのは法律的に問題があります。民法では退職日の2週間前に通知すれば退職できることになっているので、どうしても会社に受理してもらえない場合、内容証明で郵送するか、労働基準監督署や職業安定所に相談すると良いと思います。

転職活動は個人で活用するより、転職エージェントを上手く活用したほうが効率が良いと思います。キャリアコンサルタントが今後のキャリアに関する相談にも乗ってくれるはずです。

現在の状況は辛いと思いますが、前を向いて一歩一歩進んでいけば、必ず良い時が訪れます。辛いときこそ前向きに頑張ってください。

応援しています!

相談室で転職に関する悩みを相談する

転職相談室では、転職に悩む皆様からのご相談を受け付けております。

有料相談

転職に関するお悩みを有料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。

無料相談

転職に関するお悩みを無料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
  • 相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。