病気治療中の転職活動は

よしとさん
31才・男・警備員

現在の仕事をしている最中に病気になり現在も治療中です。

現在は月に1回平日診察を受けている状況です。現在の仕事は夜勤をやることが当たり前の仕事なのですが、最近の診察で「夜勤の仕事は治療に支障が出る。いつ完治するか分からない」と言われてしまいました。ただ、日勤の仕事なら何をしてもいいとのことです。

一応今はいずれ完治すると信じてくれている上司のおかげで日勤だけで働かせてもらっていますが、上司が変わればやめさせられることは必至です。それに現在の勤務の収入では自分1人が食べていくのがやっとです。

警備業は夜勤があるのは当たり前の職業なので同業他社に転職することは難しいと思いますが、この年で未経験の転職先があるとも思えません。

どうしたらよろしいでしょうか?アドバイスよろしくお願いします。

転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

よしと 様

こんにちは。早川です。ご相談ありがとうございました。

お体の調子は如何でしょうか?これからどのようなスタイルで働くにしろ、資本となるのは身体です。まずは無理をせず、しっかりと身体を治して頂く事が先決だと思います。その上で現在の仕事や転職について考えても決して遅くはありません。

また、よしとさんは31才で未経験の職種への転職は無理とお考えのようですが、決してそんなことはありません。

例えば営業、IT関連、ヘルプデスク等には30代未経験からスタートされる方が数多くいらっしゃいます。この業種に限らず、他の業種でも30代未経験で採用される方はもちろんいらっしゃいます。当たり前ですが、これまでとは違う業界を目指す訳ですからその分の努力は必要です。

まず、その仕事になぜ就きたいのかという明確な理由とそのために努力していること、これまでの仕事を通じて何を学び、今後の仕事の中でどう生かしていくのか等は最低限説明できるようにしておかなければいけません。(※一見関連性のないように仕事でも、これまでの仕事が全く生かせないということはありません。しっかりと考えれば必ず糸口は見つかります。)これらの準備をしっかりして初めて異業種転職へのスタートラインに立つことができます。

また、転職に成功したとしても、環境が全く異なる訳ですから適応するための努力は当然必要です。

よしとさんに転職を成功させたいという強い気持ちがあるのであれば、これらのハードルは必ず乗り越えられるはずです。チャレンジする前から諦める必要はありません。まずは、自分が今後どのような仕事をしていきたいのかを考えることから初めてはいかがでしょう。

頑張ってください!応援しています。

相談室で転職に関する悩みを相談する

転職相談室では、転職に悩む皆様からのご相談を受け付けております。

有料相談

転職に関するお悩みを有料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。

無料相談

転職に関するお悩みを無料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
  • 相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。