求人票の給与と実際の提示額が違い不安に・・・

求人票 給料 違う

転職相談.jp

 >  >

転職相談室

Question

求人票の給与と実際の提示額が違う

初めてまして。
私は高卒で就職し約3年間働いていましたが、転職することにしました。

転職アプリから求人を探して面接を受け、内定をいただく事ができました。
しかし、ひとつ気になった事があります。

求人には入社後の想定給与は18万9000円以上でした。しかし、面接の時言われたのは基本給15万円プラス残業代でした。
企業の受付なのでほとんど残業代はないと言われました。つまり残業代はないので15万円しか入ってきません。

「以上」と書かれていた金額よりも少ない事に、違和感を感じています。

初めての転職で、給与は生活に関わることなのでとても不安に感じ、利用した転職アプリに問い合わせみたのですが、電話問い合わせが無くメールのみで、メールしても返信がきません。
まだ入社手続きしていないものの、着々と話が進んでいるでとても不安です。

周りに相談してみても、詐欺求人かもよと言われて正直怖いです。
入社する予定の会社は、警備会社の中でも大手だったので少し安心していましたが、今はとても不安です。

よろしくお願いします。

(21才・あつまる・女・空港保安検査員)

【リクナビNEXT】スカウトメール170万通以上!たくさんの会社があなたの力を求めてます

Answer

回答者 : 転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

首痛 様

ご相談ありがとうございます。転職相談.jp編集長の早川です。

求人票の給料と実際に提示された雇用契約書の提示額が異なるという事は、実は決して少なくありません。
求人票には平均的な残業時間が含まれており、雇用契約書の基本給はその金額が差し引かれ、提示されるため給与が少なく見えるというのがよくあるケースですが、そもそも平均的な残業時間がどの程度あるのか、また基本給はいくらなのかは明示すべき事項です。

特にあつまるさんのように、残業がない仕事と言われているのであれば、基本給=想定給与であるべきで、そこにかい離がある場合、不安に思って当然だと思います。

ではどうすべきかという点ですが、やはり求人票の金額と提示額が大きく異なっているということを企業にしっかり伝えるべきです。もし15万円という給与であつまるさんが満足なら、特に問題はないと思いますが、この給与ではやっていけないと思うのであれば、言わなければきっと入社した後、後悔するでしょうし、またすぐに転職したくなったとしても不思議はありません。

それはあつまるさんとしても本意ではないはずです。

もしそれでやはり15万円と言われたら、本当にその給与で自分が働けるのかを考え、納得できないなら内定は断りましょう。
転職するのであれば、不安な気持ちのまま、不満を抱えたまま仕事をスタートすべきではありません。

新しい職場で働く際、きっと思い通りにならないこともあるでしょうし、人間関係もゼロから作っていく必要があります。また職種が変わるのであれば、新しい仕事を憶えなければいけません。
決して楽な道ではないのですから、最初がマイナスからスタートするのは得策ではないでしょう。

もし内定を断り、新しい転職先を探すのであれば、給与面含め条件の確認や交渉をプロのキャリアアドバイザーが仲介してくれる、人材紹介会社を活用するのも選択肢の一つです。

参考 人材紹介会社ランキング

内定が出ている会社の条件を確認し、そこで納得できればそれがベストですが、内定を断ったとしても、いくらでも選択肢はあるので悲観する必要はありません。
あつまるさんにとって、良い転職先が見つかることを願っています。

関連ページ

人材紹介会社ランキング
…転職成功者が支持する人材紹介会社はどこ?

相談室で転職に関する悩みを相談する

無料で相談する
  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
有料で相談する
  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。
※相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。