Uターン転職を成功させる賢い方法とは?

uターン 転職 方法

転職相談.jp

ホーム > 13.Uターン転職の方法-情報収集やスケジュール調整をこなすには?

第13回 Uターン転職の方法-情報収集やスケジュール調整をこなすには?

Uターン転職の壁とは?

都市部を離れ、生まれ育った地元で新たなスタートを切る「Uターン転職」の人気が高まっています。Uターン転職経験者への調査※1では、年収が減った人が過半数を占める一方で、転職者の満足度は高いという結果が出ており、仕事とプライベートを両立したいという方に人気の転職方法です。ただ、実際にUターン転職をするとなると、通常の転職とは異なる難しさがあります。

情報収集 求人情報や平均的な労働環境・年収についてなど、地元のリアルな情報を遠隔地で調べるのは容易ではありません。また、仕事に関する情報に加え、結婚し子供が産まれている場合は、住居や子供の学校など、生活面でも情報を集める必要があります。
金銭 選考は基本的に現地で行われるため、選考のたびに交通費がかかります。一般的な転職活動と比較すると費用が高くなることを知っておきましょう。
スケジュール 選考は平日に現地で行われることが一般的ですので、スケジュール管理は大きな課題となります。先に退職するという方法もありますが、都市から地方へUターンする場合求人数は決して多い訳ではありません。思うように仕事が見つからない可能性も考えると、現在の仕事をこなしながら、転職活動を行うほうがリスクが低く、おすすめです。

地元へUターン転職をする際は、上記のような課題が生じます。では、これらの問題に対してどのような対策を行えば良いか、考えていきましょう。

※1 2014年 マイナビ転職 Uターン転職に関する実態調査
http://www.mynavi.jp/news/2014/12/post_7951.html

Uターン転職の方法

①現地の人材紹介会社、転職成功実績が豊富な人材紹介会社を利用する

現地の情報に強いのは、やはりその土地に支社を持つ人材紹介会社。多数の地元企業と直接話をする中で、求人情報はもちろんのこと、企業の社風の傾向や年収の相場などの詳細な情報も把握しています。 ただ、支社が現地のみの人材紹介会社では相談や面接サポートが電話対応になる可能性が高いため、現地だけではなく、現在の居住地近辺にも支社を持つ人材紹介会社を選ぶと良いでしょう

例えば、人材紹介会社パソナキャリアは、大手派遣会社として作り上げた全国40拠点の求人網を活かし、東京、大阪、名古屋にて正社員向けの求人を紹介。キャリアコンサルタントの質も高く、親身なカウンセリングが高評価を得ています。
また転職成功実績が豊富な人材紹介会社も要チェックです。なかでもリクルートエージェントは、転職成功実績で長くNo.1を誇っており、Uターン転職の求人や成功事例も豊富です。サイト上では転職成功事例に加え、Uターン転職のノウハウやスケジュールを解説した記事も掲載しているのでチェックすると共に、上手く活用すると良いでしょう。

このサイトへいく

パソナキャリア

パソナキャリア

相談拠点:東京、大阪、名古屋
支社:全国各地40箇所以上

  • 求人数27,000件以上(2015年3月時点)
  • 67.1%が年収アップ
  • 全国40箇所以上の拠点ネットワーク

このサイトへいく

リクルートエージェント

リクルートエージェント

拠点:東京、北海道、仙台、宇都宮、さいたま、千葉、西東京、横浜、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡

  • 求人件数・転職紹介実績No.1
  • キャリアアドバイザーの質が高い
  • 全国の求人をサポート

②情報収集、企業選びに時間をかける

Uターン転職では金銭的にもスケジュール的にも現地での選考が大きな負担となります。少しでも負担を軽くするためには、やはり選考へと進む企業を厳選し、母数を減らすことが肝要。企業が求める人材と自分のスキルをすり合わせた上で、採用される可能性が高い企業を選ぶと良いでしょう。人材紹介会社を利用する場合は、キャリアコンサルタントが転職者の要望・スキルに応じて求人を選択してくれ、大きく手間を減らすことができます。
また、短期間で一気に決めようとするのではなく、長期戦を見据えて転職活動に取り組むことも大切です。

コラム:Jターン転職という選択肢
Uターン転職を目指しているものの、なかなか良い求人が見つからない・・・。そんなときはJターン転職を検討するのも1つの選択肢です。Jターン転職とは、一旦都市部で働いた人が、地元ではなく近くの別の土地へ転職すること。例えば地元にほとんど職がなく転職ができないというときに、実家から車で1時間の地方都市で働くという手段もあります。地元で思うように職が見つからないという人は、視野を広げて近隣の町を選択肢に入れてみてはいかがでしょう

「Uターン転職の方法」特集はいかがでしたでしょうか。「地元へ帰る」というと簡単ですが、実際に転職しようと思うと、様々な困難があるのも事実です。ただ諦めずに取り組めば、必ずUターン転職を成功させる方法が見つかるはず。焦らず、一歩ずつ、Uターン転職成功のため、取り組んでいきましょう。