転職回数が多く、次の仕事が決まりません

がけっぷちさん
35才・男・会社員

はじめまして。ぜひ、アドバイスをお願いします。

転職回数が8回、現在の臨時職員で9社目になります。転職が多くなった理由には期間社員、請負社員などで会社都合や期間満了で退職を余儀なくされたこともあり、多くなりました。

今月で臨時職員の契約も終わるため、転職活動をしておりますが、なかなか決まりません。職歴も様々で、もうどうしていいのかわからない状態です。

収入も減り、住宅ローンなどの支払いも苦しい今、早く安定した仕事に就きたいのですが、どうしたらいいでしょうか…。

漠然とした相談で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

転職相談.jp編集長
メーカー系システムインテグレータに就職後、国内大手コンサルティング会社に転職。 2003年に株式会社Hayakawaを設立、自社及びクライアント企業において数多くの転職希望者との面接を経験。また、同時に経済産業省後援の起業家支援プロジェクトDREAMGATEに専門アドバイザーとして参加し、数多くの起業希望者から相談を受ける。 転職希望者、起業希望者から受ける相談及び面談件数は年間百件を超える。

がけっぷち 様

ご相談ありがとうございます。転職相談.jp編集長の早川です。

早速ですがご相談に回答させて頂きます。

がけっぷちさんは35才で転職回数が8回ということですので、大卒だとすると1社辺りの平均勤続年数が1.5年ということになります。

この経歴だけを見ると企業側が「採用しても長く働いてくれるのだろうか?」と疑問を持っても仕方がありません。

がけっぷちさんの責任ではない転職も多いということであれば、その理由を職務経歴書の中にしっかり盛り込み、面接官にアピールしなければこの不利な状況は挽回するのは難しいでしょう。

また職歴が様々という点も、一貫性のなさと考える企業担当者が多いことから、がけっぷちさんはここでもしっかりとアピールしなければいけません。

例え仕事の職種はバラバラでも、身に着けた能力に共通する項目があるはずです。がけっぷちさんが採用を希望する企業に自分の能力の何をアピールできるのか? もう一度考えてみてください。

また、がけっぷちさんが希望される安定した仕事というのは一体何でしょうか? 次の転職は本当に最後の転職にする気持ちで取り組まなければいけません。仕事が決まらないと「何でもいい」という気持ちが出てくるかもしれませんが、本当に自分が頑張れる仕事は何なのか? この機会に見つめなおしてみてください。収入が減っている現状は確かに厳しいですが、自分が頑張りたいと思う仕事を見つけることは収入以上に大事なことです。(※もちろん住宅ローンの支払いや最低限の生活ができる生活が確保できることが前提です。)

また、転職活動に役立つツール(転職サイト、転職エージェント、個人による求人応募、ハローワーク)は全て活用し、転職活動に取り組んでください。現在、昨今の世界的な不況の影響もあり、転職市場は厳しい状況が続いていますが、求人がない訳ではありません。活動範囲を広げ、常に前向きに取り組んでいけば、チャンスは必ず訪れます。そのチャンスを逃がさないように頑張ってください。

転職活動も仕事も本質はいっしょです。しっかりと準備をした上で、その案件(求人)に取り組み、成果を出す! 失敗した場合はその失敗から何か学び取り次に活かすことが重要です。

厳しい状況だからこそ前を向いて頑張りましょう。応援しています。

相談室で転職に関する悩みを相談する

転職相談室では、転職に悩む皆様からのご相談を受け付けております。

有料相談

転職に関するお悩みを有料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は有料です。いただいたご相談にはご入金確認後、2営業日以内に必ず回答させて頂きます。
  • ご相談内容は完全非公開です(サイトへの掲載は致しません)。

無料相談

転職に関するお悩みを無料にて回答致します。

  • 転職に関するご相談は無料ですが、多数ご相談を頂いているため、回答させて頂けるのは一部のご相談になります。予めご了承ください。
  • ご相談内容と回答は相談例として転職相談.jp(当サイト)上に掲載される場合があります。
  • 相談内容を掲載されたくない、回答をお急ぎの方や回答が必須という方は有料サービスのご利用をご検討ください。