転職に後悔している気持ちを前向きに変える方法

転職に後悔している方のために。気持ちを前向きに変える3つの方法・メインイメージ

前職に不満を抱き、一大決心し、転職したものの、転職先の企業のほうが多くの問題を抱えており、転職したことを後悔しているという方は、実は少なくありません

特に初めて転職した方は「転職の後悔」と直面しやすい傾向があります。その理由は、多くの方が転職することで初めて前職と現職の違いを比較し、結果的に以前いた会社の良いところを認識できるようになるからです。

なかには転職したことを激しく後悔し、どうすれば前職に戻れるのか、またどうすれば今の職場から抜け出せるのかを転職後ずっと考え続けているという方もいらっしゃるはず。

そこで今回の転職相談のニュースは、 転職に後悔している方のために、気持ちを前向きに変えるための3つの方法をご紹介します。

労働時間の長さに後悔している方の対処法

いろいろと考え転職したものの、新しい職場は前職とは異なり残業残業の連続で後悔しているという方は、労働時間に対して適正な対価が支払われているかどうかをまず確認しましょう。その結果によって対処法が変わります。

自分から働きかける・イメージ

最近はIT・広告など様々な業種の企業が、一定時間の残業代が基本給に含まれる(みなし残業)形で給料を支給しています。まず最初に自身の給料にどの程度みなし残業が含まれているのかを確認しましょう。
(※そもそもみなし残業がなく、残業代も一切支払われていない場合は、完全に違法な状態です。労働基準監督署に相談すると共に、自身の残業時間の記録を残しておきましょう。)

もし設定されているみなし残業の時間を大きく上回る残業が求められている場合、想定を超えた時間に関しては、残業代を請求することができます。

みなし残業の範囲内、またはみなし残業を超える際は残業代が別途支払われるなど、過度な残業が認められない(※月間45時間が目安)場合は、会社側に法律上の問題はありません。

その場合は自分自身の意識を変え、現職でしばらく頑張ってみてはいかがでしょう。新しい職場に慣れるまで、どんな方でも3か月はかかります。まずは3か月間一生懸命頑張ってみましょう。それでも現在の労働環境だと耐えられないという場合は、再転職を検討するのも選択肢の一つです。

先が見えないと人は不安に思うもの。3か月など、期限を区切るだけでも気持ちを前向きにできるはず。まずはできることに最大限取り組み、それでもだめなら再転職に向け、進んでいきましょう。

人間関係の希薄さ(もしくは距離感の近さ)に後悔している方の対処法

転職者に転職理由をヒアリングすると、必ず上位にランクインしてくるのが人間関係の問題です。ただ人間関係と一言で言っても、希薄さに対して違和感を感じる人もいれば、プライベートまで立ち入ってくる距離感の近さに嫌気がさす場合もあるでしょう。

この問題が難しいのは、人間関係は、新しい職場で実際に働いてみないと本当の意味ではわからないという点です。

一方で転職は、どんな場合でも(※良い悪い関係なく)人間関係をゼロにリセットし、新たな関係を築くことが求められます。少しくらいの人間関係の問題は、どの職場によっても起こるもの。そう思えば少し気持ちが前向きになるはずです。

それでもどうしても気持ちの切り替えができないという場合は、再転職も視野に入れましょう。ただし、転職は人間関係の問題を全て解決してくれる魔法のツールではありません。

新しい職場で同じような問題に直面しないために、自分自身で改善できる点は改善するよう心掛けましょう。

仕事内容、給料など待遇面に不満がある方の対処法

実際に転職してみると「仕事内容がイメージとは異なり後悔している」「給料が安くなっても良いと思い転職したが、想像以上に生活が厳しくなり後悔している」という方は、事前調査が不十分だった可能性が高いため、そこはしっかり反省しましょう。

仕事内容や給料といった待遇は、たとえ不満を抱いても数ヶ月で改善できるものではありません。もしまだ頑張れるようであれば、現在の仕事にしっかり取組み、結果を残した上で現職での異動や給料アップを勝ち取ることも選択肢の一つ。

自分から働きかける・イメージ

現在の仕事内容や給料で働き続けるのがどうしても難しいという場合は、気持ちを切り替え前向きに再転職に取り組みましょう

その際は、同じ失敗は繰り返さないよう仕事内容や給料をしっかり確認することが大切です。

今度は転職で後悔しないために。再転職のコツ

様々な対処法を試したものの、転職したことへの後悔が拭い切れないという方は、再転職に取り組みましょう。

現在の仕事で精神的に参っている方でもほとんどの場合、転職することで問題が解消に向かうのもまた事実。つまり最終的には再転職という方法があるのです。そう考えれば、気持ちがぐっと前向きになるのではないでしょうか?

ただし再転職する際は、同じ失敗を絶対に繰り返さないよう、問題の本質を見極めることが何より大切です。

転職の際に使うツールは、自己応募や転職サイトを利用するのではなく、実際に転職に成功したユーザーの満足度が高い転職エージェントを活用すると良いでしょう。

転職のプロであるキャリアアドバイザーに、再転職したい理由をしっかり説明すると共に、新しい職場で実現したい内容を伝えれば、その希望を満たす求人を紹介してもらえるはずです。また将来のキャリアに悩んでいる方はキャリアプランについても相談しましょう。

転職相談では、編集部の評価と利用者の口コミを加味した上で、転職エージェント満足度ランキングを作成しています。転職を検討されている方は、是非チェックしてみてください。

転職に後悔している気持ちを前向きに変えるために、自分が今できる最善のアクションを起こしましょう

人気ランキング