転職エージェントが使えないと感じたら。すぐに取るべき3つの対処法

転職エージェントが使えないと感じたら。すぐに取るべき3つの対処法・メインイメージ

転職エージェントは最も効率が良い転職方法の一つであり、転職の際、転職エージェントを利用するのは、最早当たり前と言って良いでしょう。

その一方で、転職エージェントを介して転職活動に取り組んでいる一部の方は、「転職エージェント(キャリアアドバイザー)は使えない」と感じているのもまた事実。

そこで今回の転職相談のニュースは、転職エージェントが使えないと感じている方のために、3つの対処法をご紹介します。

転職エージェントが使えない場合の対処法 その1:担当のキャリアアドバイザーを変更する

転職エージェントに登録する際、多くの方は、会社の規模や利用者の評判を調べた上で、登録されているはずです。つまり現在利用している転職エージェントは、本当は評判がよく、利用者の満足度も高かったのではないでしょうか?

もしそうだとしたら、あなたが「転職エージェントが使えない」と感じている理由は、転職エージェントそのものではなく、あなたを担当しているキャリアアドバイザーにあるはずです

その場合の対処方法は簡単です。転職エージェントにキャリアアドバイザーの変更を依頼しましょう。転職エージェントにとって、登録者は大切なお客様であり、そのお客様が満足していないとしたら、対処するのが当たり前です。多くの転職エージェントは、すぐに対処してくれるはずです。
(もしそれはできないと言われたら、その転職エージェントはあなたの転職を本気で支援する気がないということですから、対処法その2、対処法その3を実践していただければと思います。)

転職エージェントが使えない場合の対処法 その2:利用する転職エージェントを変更する

転職エージェントの対応に改善が見られない、またはキャリアアドバイザーの対応に問題があり、今後今の転職エージェントとは付き合っていきたくないと思われる方は、利用する転職エージェントを変更しましょう

その際は、利用者の満足度の高い転職エージェントを再度選びなおす必要があります。以下は転職相談.jpが実施している転職エージェント満足度ランキングで、上位3位にランクインしている転職エージェントです。

もし以下の転職エージェントの中で、まだ登録していないところがある方は、利用してみる価値は十分にあります。是非チェックしてみてください。

圧倒的な求人数を誇る転職エージェントの最大手。日系大手、勢いのあるスタートアップ企業はもちろん、外資系企業の求人も豊富。またキャリアアドバイザーの質の高さ、利用者の満足度の高さにも定評がある。転職を検討するのであれば、登録しておくべき転職エージェントの一つ。

パーソルキャリアが運営する転職支援サービスの総称。転職エージェントとしてのサービスはもちろん、自己応募できる求人も多数取り扱っており、転職サイトとしての機能も有している。DODAのキャリアアドバイザーは原則女性。男性にはないきめ細かいサポートに定評がある。

パソナグループが運営する転職エージェント。派遣で培ったネットワークをバックボーンに、他の転職エージェントでは取り扱いのない、求人が充実。またキャリアアドバイザーの丁寧なサポートにも定評があり、リクルートエージェント、DODAと比較してもそん色ない。

関連ランキング

転職エージェントが使えない場合の対処法 その3:転職方法を変える

複数の転職エージェントを利用しているのに、全く満足できない、転職エージェントを変更したのに、また使えないエージェントに当たってしまったという方は、もしかすると転職エージェントという転職方法が合っていないのかもしれません。

転職エージェントは、求職者の希望の条件をききつつ、能力を考慮した上で、彼らが最適だと思われる求人の紹介を行います。その求人は必ずしもこちらの条件を満たすものばかりではありません。

もし自身の希望と、転職エージェントの紹介する求人のギャップがどうしても気になるという方は、転職方法を変えるのも選択肢の一つ

以下でご紹介するサービスは、転職エージェントに変わる転職の選択肢として、大きな注目を集めているスカウト型のサービスです。

自身の市場価値を知るところからスタートする全く新しい転職サイト。無料会員登録することで、近い経歴を持つ人材が、どういった条件で転職したのかがわかる。また匿名の履歴書・職務経歴書を公開することで、企業からの面接確約オファーが届く点もMIIDASの大きな魅力。

様々な選択肢の中から自分に合った方法を見つけよう

転職エージェントが使えないと感じている方は、ストレスが溜まる状況をそのままにせず、今回ご紹介した3つの対処法含め、様々な選択肢の中から自分に合った方法を見つけましょう。

それさえしっかりできれば、転職は半分成功したようなものです。自分自身の能力も大切ですが、それと同じくらい、「どこで」「だれと」転職活動するかは重要です。本特集も参考に、読者のみなさんが転職活動にしっかり取り組み、成功だったといえる転職ができるよう、願っています。